gv-logo

春高2024

20代監督率いる実践学園高が“東京四強”に風穴を空けるか 「選手と共に」熱くチームを牽引

  • 学生バレー
  • 2023.06.17

 

令和5(2023)年度春季大会兼関東大会予選(東京女子)で5位に入った実践学園高を率いるのは、28歳の山田侑介監督。準々決勝で八王子実践高に惜敗も、選手と一丸となって戦い、「東京四強」撃破の予感を漂わせた

 

 

関東大会都予選5位決定戦で藤村女高を破り、喜ぶ選手たち。保護者も含め、一丸となって戦った

 

前向きになれなかった監督1年目

 

「全員でいくぞー!」

 拳を握った若き指揮官の声が、体育館に響く。選手たちは笑顔になると「おー!」と叫んだ。

 

 藤村女高との関東大会都予選5位決定戦。1-0で迎えた第2セットは9-18と大差をつけられた。それでも、粘り強いディフェンスを起点に猛追。山田侑介監督の声が響いた21-22の場面から、4連続得点で試合をひっくり返した。勝利の瞬間は、選手や監督だけでなく、2階席にいる保護者も一斉に拳を突き上げた。

 「どんな展開でも常に選手を信じていて、それがああいうゲーム展開になったと思います。楽しくバレーしよう、といつも言っていて、保護者を含めて全員でバレーができました。自分も楽しかったです」(山田監督)
 チーム全員で1点を喜び、1点を悔しがる。昨年は見られなかった光景だった。

 

  山田が実践学園高の監督に就任したのは、27歳だった1年前。「いつかは高校バレーで日本一を目指したい」という夢のスタートラインに立ったはずが、前向きには取り組めなかった。指揮官になって1年目。一緒に戦うのは自分がスカウトした選手ではない。言い訳を探し、負ければ選手たちに責任を押し付けていた。

 「選手と一緒に試合ができていないというか。戦ってあげられていない、とずっと思っていたんです。そんな自分がすごく悔しくて。やっぱり、やるんだったら選手と共にやりたい。自分の出せるものを出そう、と思いました」

 

 

拳を突き上げて喜ぶ山田監督

 

 心に変化が生まれ始めたころ、理想のチームに出会った。今年3月に出場した三島市バレーボールフェスティバル。和歌山信愛高(和歌山)のスタイルに心が動いた。選手とともに喜ぶ同校の山本哲耶監督の姿が、チームに一体感を生んでいた。

 「自分がやりたいのはこれだ」

 

 恥を捨て、選手と保護者に理想の監督像を打ち明けた。それまでとは180度異なるスタイルで、「ほんとうに怖かったです」と振り返るが、賛同の声は多かった。サイドラインギリギリで選手を鼓舞し、得点が決まると全身で喜びを表現。選手たちと前のめりに戦った。

 

八王子実践高に健闘も悔し涙

 

 指揮官とともに、チームも変わった。酒井美優キャプテンは「自分たちの代になってから、山田先生は力を引き出そうとしてくれていて、みんなも『勝ちたい』って。先生に負けないように頑張っています」と笑顔で語る。

 

 「自分はあくまで空気づくりしかできず、結局力を発揮するのは彼女たち。ただ、そんな彼女たちのパワーと可能性は計り知れないので、自主性を大切にしています」(山田監督)と選手たちがチームの目標を設定する。掲げたのは「東京都でいちばんの粘りと、コンビバレー」。酒井キャプテンは「これまでは(東京の)ベスト4に届かないんじゃないか、という気持ちでした」と振り返るが、今では「必ず1位で春高に行きます!」と力強く宣言。選手たちの目の色も変わってきた。 

 

 

得点が決まると、リザーブメンバーが全身で喜びを表現

 

 だからこそ、長年名門校が君臨する「東京四強」に本気で勝ちにいった。都予選の準々決勝では八王子実践高からセットを先取。最終第3セットも接戦を繰り広げたが、24-26で惜しくも落とした。

 全国大会が懸かる試合ではなくとも、選手たちの目には涙。山田監督も「指導者になって始めて」の熱い思いがあふれた。それでも、保護者や審判団からの「感動しました」という声を受け、「バレーを通して感動を届けよう、応援されるチームを目指そうと言ってきたので。やってきたことは間違っていないと少し思えました」と前を向いた。

 

 その後の関東大会でもベスト8入りを果たし、618日(日)には、ベスト4リーグ進出を懸けてインターハイ都予選3日目に挑む。「ベスト4に入るために足りないものは何かを常に考えて、選手とともに成長してきました」という日々の成果をぶつけ、分厚い壁を打ち破る。

 

 

関東大会は3回戦で細田学園高(埼玉)を下してベスト8入り。インターハイ都予選でも力を発揮する

 

山田侑介(やまだ・ゆうすけ)

1995年4月23日生まれ/身長163㎝/大宮東(埼玉)→日本体大/学生時代のポジションはリベロ

 

文/田中風太(編集部)

写真/田中風太、山岡邦彦(NBP

 

 

【関連記事】

下北沢成徳高が3連覇 都大会に続き関東でも圧倒【第77回関東高等学校女子大会結果一覧】

 

習志野高女子は東京勢を苦しめてのベスト4【第77回関東高等学校女子大会】

 

新監督が就任した文京学院大女が3位で“東京四強”復帰 カギはディフェンス力の向上【関東大会予選(東京女子)】

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn