gv-logo

春高2024

上坂瑠子(日立Astemo)のタテヨココネクション【Vリーガーミニ相関図】

  • V1
  • 2023.07.06

 

 バレーボールVリーグの舞台で活躍する選手たちの学生時代の対戦経験や先輩後輩のつながりなどの一部を振り返る「Vリーガーのタテヨココネクション」。7月7日(金)から始まる「2023 V・サマーリーグ女子東部大会」に出場する選手から、今回は日立Astemoリヴァーレの上坂瑠子をピックアップします。

 

福井工大附福井高時代の上坂 

 

 上坂は199997日生まれで福井県出身。中学校は地元、福井工大附福井中に進みます。1学年上には石盛めるも(アランマーレ)、1学年下には山下晴奈(デンソー)がいました。2年時に第43回全日本中学校選手権大会に出場すると、トーナメント1回戦で花澤佳奈(NEC)のいた文京学院大女中に勝利。2回戦で梅津憂理(KUROBE)が在籍していた上毛中に敗れました。

 

【写真】上坂の中学、高校時代やその他の選手たち

 

福井工大附福井中時代の石盛

 

 3年時には第28JOCジュニアオリンピックカップ(JOC杯)の福井県選抜に選出され、チームメートの若泉佳穂(浜松)や山下らとともに大会に出場します。予選グループ戦で岡村南奈(アランマーレ)がいた山口県、トーナメント1回戦で有村涼美(アランマーレ)がいた鹿児島県、準々決勝で岳野ひかる(埼玉上尾)のいた長崎県と対戦しています。

 

スパイクを放つ岳野

 

 高校は福井工大附福井高に進みます。同期にはJOC杯でともに戦った若泉、1学年下に山下らがいました、また福井工大附福井高出身のVリーガーといえば男子の清水邦広(パナソニック)もいます。また瑠子の兄、上坂将輝(トヨタ自動車)も同校の出身。少し話がそれますが、兄の将輝は昨年、中元南(デンソー)と結婚しており、瑠子にとって中元は義理の姉になりました。

 

兄の上坂将輝も福井工大附福井高で全国大会に出場している

 

 さて、福井工大附福井高に進学した上坂瑠子は1年時から試合に出場します。2015年の近畿インターハイではトーナメント1回戦で甲萌香、田中瑠奈(ともにNEC)、長尾のどか(アランマーレ)の在籍していた川崎橘高と対戦しました。

 

 また、同年8月に行われた第14回世界ユース女子選手権大会(U18)に日本代表として出場を果たします。1学年上の黒後愛(埼玉上尾)、万代真奈美(久光)、荒谷栞(姫路)や同学年の関菜々巳(東レ)、林琴奈(JT)、中川美柚(久光)らとともに世界を相手に戦いました。

 

【次ページ】黒後、石川らのいる下北沢成徳高との対戦も

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn