gv-logo

春高2024

龍神NIPPONの卵たち 7日開幕の男子インターハイ 注目の10人【高校バレー】

  • 学生バレー
  • 2023.08.08

 

 

令和5年度全国高等学校総合体育大会バレーボール競技(北海道インターハイ)男子大会が、8月7日(月)~811日(金・祝)に道北アークス大雪アリーナ(北海道旭川市)ほかで行われる。3年生は中学3年生時に全中、JOC杯が中止になった世代。小学6年生時以来の世代No.1を決める大会の、注目のスパイカー10人を紹介する

 

 

尾藤大輝(東山)

 

尾藤大輝(東山高〔京都〕

びとう・ひろき/3年/身長187㎝/最高到達点340㎝/桜丘中(岐阜)/アウトサイドヒッター

世代屈指のエース。1年生時からレギュラーを任され、2年生時はインターハイ優勝、そして第14回アジアU18(ユース)男子選手権大会で最優秀選手賞に輝く大活躍を見せた。今季は力強さを増すスパイクを、サイドだけでなくセンターエリアからも打ち込む。狙うは連覇のみだ。

 

小野駿太(聖隷クリストファー高〔静岡〕

おの・しゅんた/3年/身長184㎝/最高到達点338㎝/清水四中(静岡)/アウトサイドヒッター

尾藤と互いに認め合うライバル。昨年はその対角としてアジア一に貢献し、ベストアウトサイドヒッター賞に選ばれた。どこからでも打ち込む強烈なバックアタックは破壊力抜群。東海王者として、昨年のベスト8の先を目指す。

 

德留巧大(松本国際高〔長野〕

とくとめ・こうた/3年/身長192㎝/最高到達点338㎝/坂戸桜中(埼玉)/アウトサイドヒッター

攻守のバランスのよさは世代トップクラス。インターハイ、国体でベスト4入りした昨年度以上にマークが集まる今季は、二段トスを打ちきる力もアップ。北信越大会では優勝に導いた。今季からキャプテンを任され、高いリーダーシップでもチームを引っ張れるか。

 

井坂太郎(鎮西高〔熊本〕)

いざか・たろう/3年/身長185㎝/最高到達点338㎝/長嶺中(熊本)/アウトサイドヒッター

舛本颯真(中央大1年)の対角を務めた昨年度は、優勝した国体でブレイク。準優勝した春高でも舛本とともにチームを引っ張った。鋭いスパイクと得点力のあるサーブが魅力だが、今季の九州大会でベスト4が最高と苦しむ。先輩たちが経験してきたエースでキャプテンの重圧を乗り越えてみせる。

 

亀岡聖成(駿台学園高〔東京〕)

かめおか・せな/3年/身長180㎝/最高到達点325㎝/駿台学園中(東京)/アウトサイドヒッター

昨年はアジアU18男子選手権大会にリベロとして出場。その高い守備力で、鉄壁の守りを形成する。スパイク面でもクロスへ鋭く打ち込むだけでなく、バックアタックも磨いてきた。今大会出場チーム中最多60名の部員を束ねるリーダーシップを発揮し、目標の全国三冠への一歩を刻む。

 

 

亀岡聖成(駿台学園)

 

秋本悠月(駿台学園高)

あきもと・ゆづき/3年/身長191㎝/最高到達点330㎝/サレジオ中(東京)/ミドルブロッカー

昨年はチームメイトの亀岡とともにアジア一に輝いた、世代屈指のミドルブロッカー。1年生時からレギュラーを務め、高いブロック力と多彩な攻撃で存在感を放つ。中央大、明治大と対戦した7月のエキシビションマッチでは、連勝に大きく貢献した。

 

小山海皇(昇陽高〔大阪〕)

こやま・みこと/3年/身長184㎝/最高到達点333㎝/昇陽中(大阪)/オポジット

1年生時からレギュラーを務めるパワフルサウスポー。2年生時はすべての全国大会に初出場、そして今季は全国私立高等学校男女選手権大会(さくらVOLLEY)で初優勝と、着実に階段を登ってきた。ハートの強さも魅力で、全国の高い壁も強気にぶっ飛ばす。

 

土井優太(大村工高〔長崎〕)

どい・ゆうた/3年/身長184㎝/最高到達点337㎝/大村中(長崎)/アウトサイドヒッター

新チーム結成後、3度あった九州大会で2度の頂点に導いたエース。相手のブロックをものともしないパワフルなスパイクに、今季は幅も広げてきた。昨年は第14回アジアU18男子選手権大会に出場し、レシーブ面でもチームに貢献。

 

門田凌也(高川学園高〔山口〕)

かどた・りょうや/3年/身長187㎝/最高到達点338㎝/高川学園中(山口)/アウトサイドヒッター

1年生時からレギュラーを務め、今季はキャプテンに。昨年度からメンバーがほとんど変わらないチームを引っ張り、中国大会では頂点に導いた。バックアタックも磨き、得点源として初優勝を目指す。

 

マサジェディ翔蓮(福岡大附大濠高〔福岡〕)

まさじぇでぃ・かれん/2年/身長201㎝/最高到達点338㎝/南箕輪中(長野)/オポジット

高いポテンシャルを秘める、今大会唯一の身長2m選手。その高さを生かしたブロックと、強烈なサーブを武器に、チームを10年ぶりのインターハイに導いた。父はV3男子の福岡ライジングスピリッツの監督に就任したライアン(旧名アーマツ)・マサジェディ氏。

 

 

マサジェディ翔蓮(福岡大附大濠)

 

令和5年度全国高等学校総合体育大会(北海道インターハイ)男子
会場:道北アークス大雪アリーナ、旭川市リアルター夢りんご体育館、忠和公園体育館
日程:8月8日 予選グループ戦&敗者復活戦
     9日 決勝トーナメント 1・2回戦
     10日 決勝トーナメント 3・4回戦
     11日 決勝トーナメント準決勝・決勝

 

【関連記事】

女子に続き男子大会も開幕 3年生にとっては小学6年生時以来の世代No.1決定戦 【北海道インターハイ男子】

 

【北海道インターハイ2023】男子大会がいよいよ開幕 初日(8/8)の合計36試合を紹介

 

下北沢成徳(東京)が2年ぶり5度目の頂点に輝く インターハイ最終順位と個人賞、全試合結果一覧

 

【高校生が見たバレーボール男子日本代表(駿台学園高編)】「全然ボールが落ちない」「修正能力が高い」

 

【出場選手名鑑掲載中!北海道インターハイ2023特設サイト】

 

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn