gv-logo

春高2024

インターハイ初戦敗退に終わった金蘭会単独チームの大阪がリベンジの切符をつかむ  兵庫県、京都府も代表に【特別国体バレーボール近畿ブロック大会(少年女子)】

  • 学生バレー
  • 2023.08.29

 

 特別国民体育大会・第78回冬季国民スポーツ大会近畿ブロック大会(女子)は8月27日(日)に大会2日目を迎え、グリーンアリーナ神戸(兵庫)で代表決定戦を行った。少年女子は兵庫県、大阪府、京都府の各代表が、10月8日(日)〜11日(水)に西原商会アリーナ(鹿児島アリーナ/鹿児島)ほかで開催される本戦出場権を獲得した

 

 

大阪の頭文字である「O」マークで本戦出場を喜ぶ大阪府代表

 

 優勝候補の一角ながら、初戦(決勝トーナメント2回戦)で進徳女高(広島)に敗れたインターハイから3週間。金蘭会高の選手たちが、大阪府代表としてリベンジの挑戦権を得た。

 25-925-10と圧勝した前日の和歌山県戦に続き、27日の代表決定戦の京都府戦でも危なげない試合運びを見せた。エース西村美波や、第19回世界U19女子選手権大会に出場し、インターハイのメンバーを外れていたアウトサイドヒッター大森咲愛が得点を量産。大森と同じく世界の舞台で戦ったリベロ西川凜も声で仲間を鼓舞し、ストレート勝ちに貢献した。

 インターハイで涙をのんでからは合宿を重ね、バレー漬けの夏休みを過ごしてきた。悔しさを晴らす舞台に向け、さらにギアを上げていく。

 

 

 同じく代表決定戦を制したのは兵庫県。代表決定戦では奈良県に第1セットを奪われたが、アウトサイドヒッター池田莉奈のスパイクが光るなど、逆転勝ちを飾った。また、エース石倉想キャプテンが得点を重ねた京都府が奈良県との3位決定戦を制し、最後のひと枠に滑り込んだ。

 

 

兵庫県代表

 

 なお、成年女子は滋賀県が大阪府を、兵庫県が和歌山県をそれぞれストレートで下し、本戦出場を決めた。

 

27日の試合結果

少年女子

代表決定戦

★兵庫県 2(15-25,25-15,25-20)1 奈良県

 

★大阪府 2(25-20,25-13)0 京都府

 

3位決定戦

★京都府 2(25-9,25-13)0 奈良県

 

 

京都府代表

 

成年女子

代表決定戦

★滋賀県 2(25-17,25-18)0 大阪府

 

★兵庫県 2(25-18,25-18)0 和歌山県

 

が代表権を獲得

 

文・写真/田中風太

 

 

【関連記事】

いちご一会とちぎ国体】鎮西高単独の熊本県が優勝 大会最終日(10/10)の少年男女試合結果

 

インターハイ女王の下北沢成徳単独チームの東京都が本戦へ 埼玉県は男子とともに切符獲得【特別国体関東ブロック大会(女子)】

 

下北沢成徳(東京)が2年ぶり5度目の頂点に輝く インターハイ最終順位と個人賞、全試合結果

 

日本代表の宮部愛芽世(東海大)が教育実習生として母校・金蘭会高を指導 インターハイへ 「日本一になる力は十分ある」とエール

 

金蘭会が大会記録に並ぶ9連覇 エースやU19メンバーが不在でも全員でカバー【バレーボール近畿大会(女子)】

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn