gv-logo

日本代表応援サイト

インターハイ女王の下北沢成徳単独チームの東京都が本戦へ 埼玉県は男子とともに切符獲得【特別国体関東ブロック大会(女子)】

  • 高校生
  • 2023.08.26

 

特別国民体育大会関東ブロック大会(少年女子)は8月25日(金)に大会1日目を迎え、深谷ビッグタートル(埼玉)でダブルエリミネーション方式による代表決定戦を行った。東京都、埼玉県の各代表が、10月8日(日)〜11日(水)に西原商会アリーナ(鹿児島アリーナ/鹿児島)ほかで開催される本戦出場権をつかんだ

 

 

東京都代表

 

 インターハイ女王の下北沢成徳高単独チームの東京都代表は、万全ではなくても相手を寄せつけなかった。

 ここまでコートに立つ唯一の3年生だった内澤明未キャプテンは、インターハイ後の練習試合で左足をひねるアクシデント。大事をとってスタメンを外れた。また、インターハイで左足を負傷したエースの一角である後藤ビビアン愛音はスタンドから声援を送った。

 後藤の代わりにルーキー荻野明花が出場するなど12年生チームになったが、高さを生かしたブロックとイェー モン ミャの強打で圧倒。栃木県代表戦、群馬県代表戦ともに全セット20点以下に抑えて勝利した。

 

 初戦で神奈川県代表にフルセットの末に勝利した埼玉県代表は、本戦切符を懸けた千葉県代表戦でストレート勝ち。相手はインターハイでベスト4入りした敬愛学園高を中心とした布陣だったが、その原動力となった松本澪奈、永盛仁子をマーク。粘り強い守りでボールをつなぐと、根岸由優菜、堀切小紅らが得点を重ね、勝利をつかんだ。

 

 

埼玉県代表

 

 26日(土)は群馬県代表と神奈川県代表、千葉県代表と山梨県代表が、残り2枠の出場権を懸けて争う。

 

25日の試合結果

第1試合

★東京(下北沢成徳高) 2(25-19,25-13)0 栃木(國學院大栃木高、宇都宮文星女高)

 

千葉(敬愛学園高、翔凜高、習志野高) 2(23-25,25-21,25-18)1 茨城(明秀学園日立高、大成女高、土浦日大高)

 

第2試合

群馬(高崎健康福祉大高崎高、高崎商科大附高) 2(25-13,23-25,25-17)1 山梨(帝京三高、日本航空高、韮崎高)

 

★埼玉(春日部共栄高、細田学園高、本庄一高) 2(25-22,23-25,25-23)1 神奈川(横浜隼人高、川崎橘高、星槎国際湘南高)

 

第3試合

山梨 2(25-20,25-27,25-19)1 栃木

神奈川 2(25-16,25-20)0 茨城

 

第4試合

★東京 2(25-15,25-17)0 群馬

★埼玉 2(25-20,25-13)0 千葉

 

※都県名のあとの()が構成する学校名。が代表権を獲得

 

文・写真/田中風太

 

 

【関連記事】

インターハイ王者駿台学園が中心の東京、埼玉が代表権獲得【特別国体関東ブロック大会(男子)】

 

【いちご一会とちぎ国体】鎮西高単独の熊本県が優勝 大会最終日(10/10)の少年男女試合結果

 

下北沢成徳(東京)が2年ぶり5度目の頂点に輝く インターハイ最終順位と個人賞、全試合結果一覧

 

下北沢成徳が2年ぶり5度目の優勝【北海道インターハイ2023女子】

 

下北沢成徳高が3連覇 都大会に続き関東でも圧倒【第77回関東高等学校女子大会結果一覧】

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn