gv-logo

春高2024

女子日本代表はトルコに逆転で敗れ初黒星 ブラジルとパリオリンピックの切符を懸けた最終戦へ

  • 日本代表
  • 2023.09.23

 

【Photo : FIVB】

 

 バレーボールのFIVBパリ五輪予選/ワールドカップバレー2023に出場している女子日本代表は、9月23日(土・祝)に国立代々木競技場第一体育館(東京都)で第6戦に臨み、トルコと対戦。1セット目を奪ったが逆転され、1-3で敗れた。

 

【画像】女子日本代表その他の写真

 

 5試合連続ストレート勝利の日本は、今年行われたネーションズリーグとヨーロッパ選手権を制しているFIVB世界ランキング1位のトルコと対戦。日本はこの試合を3-0もしくは3-1で勝利すれば、パリオリンピックの出場権を獲得できる2位以上が確定する状況だった。

 井上愛里沙のサーブから始まった試合は第1セット、古賀紗理那主将のスパイクで先制すると、次のラリーで古賀主将がブロックを決め2-0と先行する。そのあとも渡邊彩のブロックや林琴奈のスパイクでブレイクを重ねてリードを広げて、セットを先取した。

 第2セットは序盤、お互いに譲らずサイドアウトを取り合う展開。中盤に井上のバックアタックで抜け出し、関菜々巳の連続サービスエースなどでリードを広げたが、トルコに追い上げられて逆転を許し、セットを失った。

 第3セットは中盤に古賀主将のスパイクがブロックされるなどリードを許すも、途中出場の石川真佑が3連続得点を奪うなどして追い上げる。終盤に関のブロックで21-21の同点に追いつき、そのあと先にセットポイントに到達するが、惜しくもトルコに逆転を許し連取された。

 後がなくなった第4セット、序盤からリードを奪われると、セッターを関から松井珠己に代えて流れを変えようと試みたが、中盤以降もブロックに捕まったり、サービスエースなどでブレイクを重ねられ、今大会初黒星を喫した。

 

 この結果、トルコは今大会の2位以上が確定し、パリオリンピックの出場権を獲得した。日本は24日(日)の最終戦で残り1枠を懸けて同じ5勝1敗のブラジルと対戦する。

 

■FIVB パリ五輪予選/ワールドカップバレー2023

第6戦

日本 1-3 トルコ

(25-20,22-25,24-26,12-25)

 

■日本の第1セットスターティングメンバー

井上、山田、林、古賀、渡邊、関、リベロ福留

 

■日本のトップスコアラー(上位3人)

古賀 15得点(アタック14得点、ブロック1得点)

井上 11得点(アタック11得点)

渡邊 9得点(アタック5得点、ブロック4得点)

 

■日本の次戦(第7戦)

9月24日(日)19:25

対戦相手:ブラジル(FIVB世界ランキング4位)

※FIVB世界ランキングは試合前時点。日本は8位

 

■次戦のテレビ放送

フジテレビ 9月24日(日)19:00~

CS-フジテレビONE 9月24日(日)24:00~

 

 FIVB パリ五輪予選/ワールドカップバレー2023は、パリオリンピックの出場権を懸けて24チームがそれぞれ世界3都市に分かれて同時開催される大会。8チームで1回総当たり戦を行い、各組上位2チームが出場権を獲得する。

 

 

【関連記事】

■5連勝で勝負の2戦へ 井上愛里沙「やるしかない」 古賀紗理那は「絶対に切符を取ります」【FIVBパリ五輪/ワールドカップバレー2023女子大会コメント】

■女子日本代表は古賀紗理那主将が18得点をあげてベルギーを下し開幕5連勝

【フォトギャラリー】女子日本代表 FIVBパリ五輪/ワールドカップバレー2023(ペルー戦、アルゼンチン戦、プエルトリコ戦、ブルガリア戦)

■大活躍の山田二千華「サーブまでしっかり仕事ができた」途中出場の石川真佑は4連勝に「チーム状態もいい」【FIVBパリ五輪/ワールドカップバレー2023女子大会コメント】

【女子日本代表特設サイト】

 

【次ページ】女子日本代表その他の写真

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn