gv-logo

春高2024

高橋慶帆が大学バレーにカムバック 「代表で先輩方から吸収したことを、今度は自分から発信できるように」

  • 日本代表
  • 2023.10.24

 

(写真中央)高橋慶帆(たかはし・けいはん)/身長194㎝/最高到達点357㎝/習志野高(千葉)出身/オポジット

 

――大学に戻ってきたときの気持ちはどうでしたか?

高橋 帰国した翌日から授業のために大学には行きましたが、練習は1週間ほど休ませていただきました。ですが、ウエイトトレーニングは継続してやっていましたし、チームに合流する際、緊張などはありませんでした。とはいえ、やっぱりレベルの差もあるので、そこで自分が流されず、うまく溶け込んで引っ張っていけるか、もっとチームをよくすることができるか不安はありました。ですが一人一人が自立して、意識も高くなっていたのですごくよかったです。

 

――残り短い今季の大学バレーで、どういった結果を残していきたいですか?

高橋 まずは入替戦(114日〔土〕)で勝って1部に上がることがいちばんの目標。そのためにコンビをしっかりと合わせて、ピークにもっていけるよう頑張りたいです。その後の全日本インカレでは、昨年は1回戦負けだったので、自信を持って自分たちのバレーボールを展開して、昨年以上の結果を残したいです。

 法政大の公式戦は、114日(土)に行われる秋季関東大学男子12部入替戦と、そのあと27日(土)に開幕する全日本インカレが残っている。代表で経験を積んだ高橋が、オレンジと黒のユニフォームでさらに躍動する日は近い。

 

取材・写真/白土 恵(編集部)

 

■高橋慶帆 アジア競技大会での涙の意味 「すごく助かりました」という柳田将洋のアドバイスとは?

■高橋慶帆 SNSの大反響に驚きも「きっかけが何でも、バレーが盛り上がるのはうれしい」 

■それいけ NEW GENERATION 高橋慶帆<自らの成長で誰かを笑顔に>【月バレ2021年4月号プレイバック】

■高橋慶帆「まずは持てる力を発揮したい」【月バレ2023年7月号プレイバック】

■アジア競技大会 男子日本代表はカタールを下し前回大会を上回る銅メダル

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn