gv-logo

春高2024

天皇杯・皇后杯全日本選手権ファイナルラウンド準決勝結果 連覇を狙うNECが決勝進出

  • 大学生
  • 2023.12.16

(左)長岡望悠(久光)・古賀紗理那(NEC)【写真:中川和泉(NBP)】

 

 令和5年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会ファイナルラウンド第2週、男女準決勝が12月16日(土)に東京体育館(東京都渋谷区)で行われた。

 

 女子準決勝の第1試合は、前回大会優勝のNECが現在V1女子で無敗の首位JTを下し、昨年に続いて決勝進出を決めた。もう一試合は前々回大会優勝の久光が、日立Astemoを下して決勝へと駒を進めた。男子ではWD名古屋が、前回大会王者ジェイテクトを倒して勝ち上がってきた東レを退けて決勝へ。もう一試合は、西田有志、山内晶大、大塚達宣ら日本代表を多数擁するパナソニックが、JT広島をストレートで下し決勝進出を決めた。

 

天皇杯・皇后杯全日本選手権大会ファイナルラウンドトーナメント表【女子】【男子

 

 

(左)西田有志(パナソニック)・永露元稀(WD名古屋)【写真:中川和泉(NBP)】

 

 準決勝の試合結果と18日の決勝の予定は下記の通り。

 

【12月16日(土)ファイナルラウンド準決勝】

東京体育館

【女子】

<第1試合>

NEC 3–0 JT

(25-17,25-23,29-27)

 

<第2試合>

久光 3–1 日立Astemo

(27-25,20-25,25-19,25-20)

 

【男子】

<第3試合>

WD名古屋 3–1 東レ

(25-23,20-25,25-19,34-32)

 

<第4試合>

パナソニック 3–0 JT広島

(25-21,25-17,25-22)

 

【12月17日(日)ファイナルラウンド決勝】

東京体育館

【女子】

10:30~

NEC vs 久光

 

【男子】

15:00~

WD名古屋 vs パナソニック

 

【関連記事】

■天皇杯・皇后杯全日本選手権ファイナルラウンド準々決勝結果 東レ男子が前回王者ジェイテクトを下してベスト4進出

■天皇杯・皇后杯全日本選手権ファイナルラウンド2回戦結果 連日V1撃破の近畿大が準々決勝へ

■天皇杯・皇后杯全日本選手権ファイナルラウンドが開幕 学生らも躍動

■Vリーグ、大学生チームを破り駿台学園高が天皇杯ファイナルへ 早稲田大、日本大、日本体大も切符獲得

■【前回大会結果】女子はNEC、男子はジェイテクトが優勝 天皇杯・皇后杯全日本選手権大会

 

【次ページ】女子トーナメント表

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn