gv-logo

春高2024

天皇杯・皇后杯全日本選手権ファイナルラウンドが開幕 学生らも躍動

  • V1
  • 2023.12.08

 東京女体大【写真:中川和泉(NBP)】

 

 令和5年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会ファイナルラウンドが開幕し、トーナメント1回戦の男女各8試合が12月8日(金)に武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で行われた。

 

 男子は天理大、近畿大、福岡大がそれぞれVリーグ勢をフルセットで下したのをはじめ、早稲田大や東亜大など、ファイナルラウンドに出場している大学勢8チーム中6チームが2回戦へと駒を進めた。女子は、東京女体大と青山学院大がV2女子の浜松とJAぎふにそれぞれストレートで勝利し2回戦進出を決めた。高校勢では男女合わせて5チームが出場した中で、駿台学園高が唯一勝ち上がった。9日(土)のトーナメント2回戦からは、男女ともにV1のシードチームが登場する。

 

天皇杯・皇后杯全日本選手権大会ファイナルラウンドトーナメント表【男子】【女子

 

 試合結果は下記の通り。

 

【12月8日(金)ファイナルラウンド男子1回戦】

武蔵野の森総合スポーツプラザ

■Aコート

<第1試合>

駿台学園高3–0高知工科大

(25-18,25-15,25-20)

 

<第2試合>

近畿大3–2ヴォレアス

(22-25,23-25,27-25,25-23,15-13)

 

<第3試合>

早稲田大3–0岡崎建設

(30-28,25-15,25-16)

 

<第4試合>

福岡大3–2トヨタ自動車

(21-25,25-19,32-30,12-25,15-8)

 

■Bコート

<第1試合>

天理大3–2アイシン

(19-25,25-22,25-23,20-25,17-15)

 

<第2試合>

F鹿児島3–0日本体大

(25-23,27-25,25-22)

 

<第3試合>

東亜大3–2昇陽高

(25-19,21-25,25-17,22-25,17-15)

 

<第4試合>

日本大3–0松本国際高

(25-20,25-18,25-13)

 

駿台学園高【写真:中川和泉(NBP)】

 

【12月8日(金)ファイナルラウンド女子1回戦】

武蔵の森総合スポーツプラザ

■Cコート

<第1試合>

熊本3–0鳴門渦潮高

(25-6,25-9,25-16)

 

<第2試合>

PFU3–0アルテミス

(25-14,25-17,25-14)

 

<第3試合>

アランマーレ3–1九州共立大

(25-18,25-21,20-25,25-18)

 

<第4試合>

姫路3–0東海大

(25-10,25-21,30-28)

 

■Dコート

<第1試合>

東京女体大3–0浜松

(25-16,25-18,30-28)

 

<第2試合>

岡山3–0金蘭会高

(25-16,25-22,25-16)

 

<第3試合>

KUROBE3–0福岡大

(25-19,25-21,28-26)

 

<第4試合>

青山学院大3–0JAぎふ

(25-14,25-20,27-25)

 

【関連記事】

■Vリーグ、大学生チームを破り駿台学園高が天皇杯ファイナルへ 早稲田大、日本大、日本体大も切符獲得

■全日本インカレ男子 早稲田大が2年ぶり10度目の優勝で今年度四冠を達成

■全日本インカレ女子 筑波大が4年ぶり9度目の優勝

■駿台学園高 天皇杯関東ブロックラウンド突破の立役者 川野琢磨×堀内晴翔「この大会で勝てたのはこれから先の宝物に」

■【前回大会結果】女子はNEC、男子はジェイテクトが優勝 天皇杯・皇后杯全日本選手権大会

 

【次ページ】男子トーナメント表

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn