gv-logo

春高2024

【全日本インカレ女子優勝記念】筑波大3年生対談「自分たちなりの強いチームを」 門田湖都×中村 悠

  • 大学生
  • 2024.01.24

1年生からコートに立つ2人の3年生。ついにたどり着いた日本一と、迎えた最後の1年への意気込みを語ります

 

 

(左から)門田湖都/もんた・こと/筑波大3年/身長166㎝/最高到達点290㎝/広島桜が丘高(広島)出身/オポジット

中村 悠/なかむら・はるか/筑波大3年/身長150㎝/最高到達点246㎝/三重高(三重)出身/リベロ

 

――2人だけの3年生ということで、3年間で知ったお互いの紹介をお願いします

中村 湖都はプレーでは誰よりも高く跳んでいて、安心感をチームに与えてくれる存在です。ふだんはちょっとぼんやりしている印象ですが、やることはしっかりやるイメージ。

 

門田 ララ(中村)は、プレーでは頼れる存在で、今年度は主務もやっていて、チームにはなくてはならない存在です。ふだんは、しっかり芯がある印象です。

 

――あらためて、優勝おめでとうございます

中村 ずっと目指していた日本一だったので、素直にうれしかったです。この1年、主務という大きい仕事をやらせていただいたこともあり、いろいろと悩んでいたので、報われたと言いますか…、あまり実感が湧きませんでしたが、かなりうれしかったです。

 

門田 とてもしんどかった1年だったなと思って。やりきったという気持ちがすごく大きくて、このチームで日本一になりたい、とずっと思っていたので、なることができてうれしかったです。

 

――お2人とも、しんどかった印象ですか?

中村 春季リーグは勝っていましたが、東日本インカレや秋季リーグでは負けることが多々あって、そのたびにいろいろな人や、(中西)先生と話しました。上級生の立場になって、プレーがうまくいかないときや、主務の仕事で悩んだりすることもあったので、今年度は濃かったし、しんどかった年でした。

 

門田 私も練習というより、気持ち的にしんどかったです。

 

――お2人とも1年生時からコートに立っていますが、今回の全日本インカレにはどんな気持ちで臨みましたか?

門田 全カレは主に途中出場で、ここからもう1回引き上げて力を入れて攻めていきたいときや、自分たちが追いつきたいというときが入るタイミングだったと思っています。攻めたいときに攻めきれないというのが秋季リーグまでよくあって、そこで自分が入るということは、チームに変化をもたらすためだと思うので、自分のプレーでみんなを安心させたり、もっと攻めよう、という気持ちにさせたいと考えていました。

 

中村 私はリベロなので、自分では点数を取れません。でも秋季リーグの後半くらいから、リベロとしてのスパイカーへの声かけを意識してきました。一番後ろから広く見られる立場として、4年生や下級生のスパイカーたちに、それぞれに違った声をかけるのが自分の役割だと思っています。あわせて、セッターが上げやすいところに1本目を持っていくことや、スパイカーの負担を減らせるようにサーブレシーブの範囲を広くしたり、土台を作るということを意識して臨みました。

 

【次ページ】来年度に向けた意気込みは?

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn