gv-logo

春高2024

石川祐希のミラノはルーベに惜敗 髙橋藍はCEVチャレンジカップ準決勝進出 【海外リーグ所属日本代表選手・1/17〜21】

  • 海外ニュース
  • 2024.01.24

石川祐希【Photo:Lega Pallavolo Serie A】

 

 

 2023年度バレーボール男女日本代表で活躍し、クラブシーズンを海外リーグで戦う選手たちの活躍を振り返る。今回は1月17日(水)〜21日(日)に行われた試合結果をお届けする。(日程はすべて現地)

 

【動画】髙橋藍11得点のターラント戦ハイライトを見る

 イタリア・セリエA、ミラノに所属する石川祐希は、18日(木)にCEVカップ準々決勝プレーオフ第2戦でポーランドのザヴィエルチェと対戦。第1戦でストレート負けしているため、ストレートで勝利してゴールデンセットに持ち込みたかったものの、ミラノ本来の攻撃を発揮できず敗れた。3日後の21日にはセリエA・レギュラーシーズン後半第4節でルーベと対戦。石川はチームトップの19得点、サーブレシーブは21本を受けて返球率52%(Aパス返球率29%)と攻守に渡り活躍したが、フルセットで惜しくも敗れた。

 

髙橋藍(モンツァ)【Photo:CEV】

 

 同じくセリエA、モンツァの髙橋藍は、17日にCEVチャレンジカップ準々決勝でブルガリアのレフスキ・ソフィアと対戦。チームはストレートで勝利し、髙橋は18得点、アタック決定率は72%、サーブレシーブ返球率83%と高い数字を残した。モンツァは準決勝に進出し、1月31日(水)にトルコのガラタサライと第1戦(全2試合)を戦う。また21日にはセリエAレギュラーシーズン後半第4節でターラントと対戦。ストレートで勝利してリーグ戦の連敗を4でストップした。

築城智(ベルリン)【Photo:CEV】

 

 ドイツ・ブンデスリーガ、ベルリンの築城智は17日にチャンピオンズリーグ第4ラウンド第6戦でイタリアのピアチェンツァと対戦。セリエAで3位につける相手にストレートで押し切られた。ベルリンはC組3位となり、準々決勝進出を懸けたプレーオフに回り、フランスのトゥールと1月31日に対戦する。21日にはブンデスリーガ レギュラーシーズン第15節でフリードリヒスハーフェンと戦い、ストレートで勝利した。

 

石川真佑(フィレンツェ)【写真:Lega Pallavolo Serie A Femminile】

 

 セリエA女子の石川真佑はレギュラーシーズン後半第4節で21日にトレンティーノと対戦。ストレートで勝利し今年に入って3連勝。石川は10得点だった。

 

 フランス・マルマラ スパイクリーグ(リーグA)、パリに所属する宮浦健人と甲斐優斗は20日にトゥールーズと対戦。宮浦は両チームトップの24得点をあげる活躍でチームを勝利に導いた。甲斐優斗は途中出場ながらも全セット出場した。

 

 ルーマニアリーグのディナモ・ブカレストの山本龍は20日の第13節ザラウ戦に出場。チームは3-2で勝利した。

 

 ブラジル・スーパーリーグのマリンガ所属の松井珠己は、18日のフラメンゴ戦に全セットスタメン出場。12チーム中、首位を走る相手に0-3で敗れた。

松井珠己が出場したフラメンゴ戦の動画

 

【海外リーグに所属する2023年度日本代表選手の個人成績まとめ1/17〜21】

 

 

■石川祐希のミラノはチステルナにストレートで勝利 【海外リーグ所属日本代表選手・1/13、14】

■世界クラブ選手権サンバーズ奮闘記1  銅メダル獲得の舞台裏 

■専修大2年の甲斐優斗がフランスリーグへ挑戦 「海外経験は大きなものになる」

■VリーグV1男子 上位4チームが連勝、V・ファイナルステージ進出争いは激化

■上林直澄「やっぱりバレーが好き」 山形県選抜での国体がきっかけで男子日本代表若手有望選手合宿へ

 

【次ページ】髙橋藍11得点のターラント戦ハイライト動画を見る

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn