gv-logo

春高2024

東京GB 栗山英之の引退を発表

  • V1
  • 2024.03.07

 バレーボールのVリーグ、V1男子の東京グレートベアーズは、栗山英之が2023-24シーズンをもって引退することを3月6日(水)に発表した。

 

 栗山は大学卒業後、2016/17シーズンにFC東京でVリーグデビュー。2シーズン連続を含む3度スパイク賞を受賞するなど(2016/17、17/18、20-21)、持ち味であるパワーを生かした攻撃で勝利に貢献した。2022年にFC東京の活動休止を受け、チーム全体の譲渡先である東京グレートベアーズへ移籍し、今季もここまで22試合に出場していた。

 なお、3月10日(日)にアリーナ立川立飛(東京都)で開催される2023-24シーズンV・レギュラーラウンド最終戦のホームゲームであいさつを行う予定。

 

 引退選手の詳細は下記の通り。

 

 

 

 

■栗山英之(くりやま・ひでゆき)

ミドルブロッカー/身長190cm/1993年7月15日生まれ/埼玉県出身/東亜学園高→東海大→FC東京→東京GB

▼コメント

ここまでバレーボールを続けることができたのは、どんなときも支えてくださったファンの皆さまの応援があったからこそだと感じています。ほんとうにありがとうございました。バレーボールは僕にとって人生そのものでした。楽しいこともつらいこともあったバレーボール生活をこのような形で終えられることを幸せに思います。

※コメント全文はこちら

 

 

■東京グレートベアーズ V. LEAGUE MEN最多の8749人が熱狂! 柳田将洋は連勝に「ホームの力を感じた2日間」

■VリーグV1男子 東京GBがホームで連勝しファイナルステージ進出争いは混戦を極める

■東京GB後藤陸翔が近畿大で着けた背番号「11」の秘話。WD名古屋のあの先輩に「もらったんですよ。ください、って」

■バレーボールを始める適正年齢は? 東京GB監督とパドヴァの育成コーチが語る若年層への指導論

 

【次ページ】引退を伝える栗山英之選手本人のSNS投稿

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn