gv-logo

春高2024

VリーグV1男子 パナソニックがV・レギュラーラウンド首位通過を確定  

  • V1
  • 2024.03.11

パナソニックの西山大翔(写真中央)【写真:山岡邦彦(NBP)】

 

 バレーボールの国内最高峰リーグ、2023-24 V.LEAGUE DIVISION1 MENV1男子)のV・レギュラーラウンドは39日(土)〜10日(日)に5会場で10試合が行われた。

 

 パナソニックパンサーズはヴォレアス北海道と旭川市リアルター夢りんご体育館(北海道旭川市)で対戦。西山大翔が両日とも20得点を超える活躍を見せて連勝し、10日にV・レギュラーラウンドの優勝を決めた。パナソニックの1位通過は2019-20シーズン以来4季ぶり。2位サントリーサンバーズと3位ウルフドッグス名古屋はおおきにアリーナ舞洲(大阪府大阪市)で対戦、9日はサントリーが勝利し、10日は両チームとも一部主力選手を休ませるなか、WD名古屋が勝利した。

 

 また残り2枠を懸けて白熱するV・ファイナルステージ進出争いは、5位日本製鉄堺ブレイザーズが4JTサンダーズ広島に11敗、6位東レアローズと7位の東京グレートベアーズの直接対決も11敗で終え、その行方はV・レギュラーラウンド最終週に持ち越された。日鉄堺BZ1717敗、東レ1618敗、東京GB1519敗と近接しており、最後まで目が離せない展開。316日(土)、17日(日)の最終週では日鉄堺BZ8位ジェイテクトSTINGSと、東レは10VC長野トライデンツと、東京GB3WD名古屋とそれぞれ対戦する。

 

 

V・レギュラーラウンド試合結果]

39日(土)

ジェイテクト ◯3-0● VC長野

日鉄堺BZ ◯3-0● JT広島

サントリー ◯3-1● WD名古屋

パナソニック ◯3-0● ヴォレアス

東レ ◯3-1● 東京GB

 

310日(日)

ジェイテクト ◯3-0● VC長野

JT広島 ◯3-1● 日鉄堺BZ

WD名古屋 ◯3-1● サントリー

パナソニック ◯3-0● ヴォレアス

東京GB ◯3-2● 東レ

 

 

【動画】ヴォレアス vs. パナソニックハイライト動画を見る

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn