gv-logo

春高2024

VリーグV1男子 フルセットの激戦を制した東レが3位

  • V1
  • 2024.03.31

東レアローズ【写真:月刊バレーボール】

 

 バレーボールの国内リーグ、2023-24 V.LEAGUE DIVISION1 MEN(V1男子)のV・ファイナルステージ、3位決定戦と5位決定戦が3月30日(土)に有明コロシアム(東京)で行われた。

 

【動画】東レアローズメダル授与の様子

 

 V・ファイナルステージはV・レギュラーラウンド(RR)上位6チームによって行われ、RRの順位により決定した組み合わせによる1戦方式のトーナメントで優勝を決定する。23日にクォーターファイナル、24日にセミファイナルが行われ、パナソニックパンサーズ(RR1位)とサントリーサンバーズ(RR2位)がファイナル進出を決めている。

 5位決定戦ではクォーターファイナルで敗れたウルフドッグス名古屋(RR3位)と日本製鉄堺ブレイザーズ(RR5位)が対戦。RRで4度対戦しすべてWD名古屋が勝利していた。WD名古屋はクォーターファイナルに続きこの試合もチーム最多得点を誇るバルトシュ・クレクが欠場。それでもWD名古屋は、山崎彰都(19得点)、椿山竜介(17得点)、王東宸(14得点)の3選手が2桁得点をあげるなど中野倭が多彩なトスワークで攻撃陣を操り、フルセットにもつれ込んだ接戦を制した。

 続いて行われたJTサンダーズ広島(RR4位)と東レアローズ(RR6位)の3位決定戦もフルセットの接戦となった。序盤から連続得点をあげて優位に試合を進めたJT広島がセットを先取すると、そのあとは交互にセットを取り合う展開に。迎えた最終セットも終盤までもつれるが、最後は両チーム最多の35得点をあげたパダル・クリスティアンがスパイクを決めて、東レが勝利を手にした。

 3月31日(日)にパナソニックとサントリーによるファイナルが同会場で行われ、今季の王者が決定する。

 

 試合結果とファイナルの試合予定は以下の通り。

 

【V1男子 V・ファイナルステージ】

会場:有明コロシアム(東京)

■2024年3月30日(土)

<5位決定戦>

ウルフドッグス名古屋  3(25-27,25-22,25-17,16-25,15-13)2  日本製鉄堺ブレイザーズ

 

<3位決定戦>

東レアローズ 3(17-25,25-20,21-25,25-22,15-13)2 JTサンダーズ広島

 

■3月31日(日)

<ファイナル>

[14:09~]

パナソニックパンサーズ × サントリーサンバーズ

 

VリーグV1男子 パナソニックとサントリーがファイナルへ

V1男子 有明会場で観客、選手、関係者向けの託児サービスを提供

東レ男子 クリスティアン・パダルの退団を発表

JT広島 アーロン・ラッセル、江川、ラウル・ロサノ監督の退部を発表

 

【動画】東レアローズメダル授与の様子

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn