gv-logo

日本代表応援サイト

川内商工高と鹿児島実高がインターハイ鹿児島代表に決定

  • 高校生
  • 2024.06.04

大会4連覇を喜ぶ川内商工高のメンバー

 

 令和6年度鹿児島県高等学校総合体育大会 第77回鹿児島県高等学校バレーボール競技大会(全国・九州大会予選)は6月3日(月)に西原商会アリーナで大会最終日が行われた。男子は決勝リーグ3試合全勝の川内商工高が大会4連覇、5回目となる本戦出場を決めた。女子は鹿児島実高が鹿児島女高との最終戦を逆転勝利で制し、悲願の初優勝を果たした。

 

応援席に勝利を報告する

 

 男子決勝リーグ最終戦。川内商工高は一敗してあとがない鹿児島商高相手に第1セットは苦戦しながらも25-22で先取。2セット目は「一気に行くぞ」との田代博明監督の言葉に応え、序盤から大量リードを奪う。サーブで崩し、2年生セッターの宝満大空が多彩な攻撃を展開。3年生の小園壱、竹之下脩を軸に尾田原琉碧、吉永博智ら2年生も躍動し、25-9と寄せつけない強さを見せ、優勝した。

 主力が卒業して迎えた今季。チーム力は落ちるかに思われながら、安定した試合運びで県新人戦、全九州バレーボール総合選手権大県予選と勝ちきり、全九州大会本戦では福岡大附大濠高(福岡)を退けて準優勝。結果を出すことで周囲の評価も高まっている。インターハイの目標は昨年のベスト8を超えるベスト4。田代監督は「王者・駿台学園高に九州勢の一角として挑みたい」と展望を語る。全国大会での悔しさを知るチーム。笑顔で連覇を祝ったのもつかの間、大屋敷颯真キャプテンら選手は表情を引き締め、さらなる成長を誓った。

 

女子で初優勝を飾った鹿児島実高

 

取材/泊 亜希子

 

■東福岡高が昨年のリベンジを果たして2年ぶりのインターハイへ 持ち味のコンビバレーにさらに磨き

■福岡工大附城東高が2年ぶりの優勝 2度の九州大会準優勝&県内二冠で過去最高の夏へ

■共栄学園が9年ぶりの優勝【第78回関東高等学校女子大会結果一覧】

■駿台学園が失セット0で連覇を達成【第78回関東高等学校男子大会結果一覧】

■VNL初スタメンで勝利に導いた小川智大 多くの学生たちもプレーのお手本に

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn