gv-logo

定期購読
  • 春高SPORTSBULL

春高バレー月バレ便り

身長2m超えの選手が3人登場(2)麻野堅斗(東山高)& 甲斐優斗(日南振徳高)

  • 2022.01.02

第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)が1月5日(水)に東京体育館(東京都渋谷区)で開幕する。今大会には身長210㎝の牧大晃(高松工芸高)を含め、身長2mを超える選手が複数出場する。今回は身長206センチのサウスポー麻野堅斗(東山高)と、身長200㎝でオールラウンドに活躍する甲斐優斗(日南振徳高)を紹介

取材・文/田中風太 写真・山岡邦彦、石塚康隆

 

ブロード攻撃も魅力のサウスポー

 

 今大会で牧に次ぐ長身が、身長206㎝のミドルブロッカー麻野堅斗だ。ブロックでの存在感はもちろん、サウスポーから繰り出すクイックは攻撃のアクセントに。昇陽中(大阪)時代からコンビを組む當麻理人のトスを、高い打点から打ち下ろす。春高予選決勝(対大谷高)では「あまり調子がよくなかった」と話したが、チーム3位の8得点をマーク。麻野の存在により、全国大会で結果を残してきた近年とは一味違う「高速立体バレー」を展開する。

 同予選のおよそ1ヵ月前からブロード攻撃も習得。「最初は高さが合いませんでしたが、今は合うようになりました」と手応えをつかむ。サウスポーのため、右利きの選手とは違ってレフト側に開くように助走。それが2mを超える大きな体となると、相手ブロッカーも的を絞りづらい。

 自身初の春高に向け、「モットーであるいつもどおりを心がけて、一戦一戦を大切に戦って、日本一を取ることが目標です」と語る。夢は「日本代表になって、(OBである)髙橋藍さんと同じコートで戦うこと」。その先輩が成し遂げて以来、2年ぶりの頂点を目指す。

 

ブロックで存在感を放つ麻野(左から2番目)

 

 

あさの・けんと/2年/ミドルブロッカー/身長206㎝/最高到達点345㎝/昇陽中(大阪)出身

 

 

攻守で活躍するミドルブロッカー

 

 2021年のインターハイにも出場した身長2mの選手が甲斐優斗だ。高校入学時は185㎝だったが、昨年の自粛期間に「毎日10時間くらい寝ていたのがよかった」とぐんぐん伸びた。しかし、その反動は大きく、両足の骨が炎症を起こし、一昨年の12月から半年近く練習に参加できなかった。それでも、昨年の6月のインターハイ予選の直前に復帰。優勝して初出場に貢献しただけでなく、本戦では高さを生かしたクイックを持ち味にベスト8に導いた。

 ミドルブロッカーながら後衛でもレシーブに参加し、バックアタックも打ち込む。「サーブレシーブができて、サーブの威力もある。すべてのプレーで安定している」と髙橋藍をお手本に、攻守で活躍できる選手が目標だ。

 春高はインターハイと同じく初出場だが、目標は明確。「小学生の頃からテレビで見ていた舞台なので、思いきりプレーしたいです。チーム全員が『初出場、初優勝』を目指しています。しっかりと貢献できるようにしたいです」。おっとりとした口調に闘志がみなぎった。

 

 

かい・まさと/3年/ミドルブロッカー/身長200㎝/最高到達点342㎝/延岡南中(宮崎)出身

 

 

1月5日(水)から東京体育館(東京都渋谷区)で開幕する春高バレーで、東山高は5日Bコート第3試合(11:00〜)、習志野高(千葉)と、日南振徳高は5日Cコート第6試合(14:30〜)、近江高(滋賀)と、初戦を戦う。※時間は変更となる場合がある

 

 

 

CONTENTS

pagetopbtn