gv-logo

定期購読
  • 春高SPORTSBULL

春高バレー月バレ便り

【春高】仙台商リベンジならず! 駿台学園がフルセットの激闘を制し男子3回戦へ進出

  • 2022.01.09

 

前回大会準Vの駿台学園が接戦をものにする

 

「第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)」が1月5日(水)に東京体育館(東京都渋谷区)で開幕。大会2日目の1月6日(木)は男子2回戦が行われ、仙台商(宮城)と駿台学園(東京)が対戦した。

 

【結果】春高男子トーナメント表はこちら

この2チームは前回大会の準々決勝でも対戦しており、そのときは駿台学園が勝利。リベンジに燃える仙台商業に対し、駿台学園は直近の全国大会で4大会連続して準優勝という結果に終わり、今大会こそ優勝を狙っている。どちらにとっても絶対に勝ちたいこの2回戦は、その思いがぶつかりあう大接戦となった。

 

第1セット序盤から、両者一歩も譲らない展開。仙台商は、セッター#6早坂奏之介が、最高到達点350cmの高さを誇るエース#1山元快太を中心とするアタッカー陣を自在に操り、多彩な攻撃を披露。#8藤村拓実のうまさが光るブロックアウト、#5鈴木健斗のライト攻撃や時間差攻撃、#3髙橋快登や#2野呂田寛矢の鋭いクイックなどで着実にポイントを重ねていく。

 

一方、誰が出てもハイレベルなバレーができるほど選手層の厚い駿台学園は、3年生エースの#4渡邊秀真や2年生エースの#2佐藤遥斗、キャプテン#3武本幹太、1年生ミドルブロッカーの#5秋本悠月が強力なスパイクを放って応戦。しかし、初戦の硬さからか、オーバーネットやタッチネットなど、“らしくない”ミスも連発してしまう。

 

こうなるとなかなかリズムをつかめず、流れは徐々に仙台商へ。17-19と駿台学園が2点リードされた場面で、仙台商#5鈴木のサーブに崩され、3連続得点を許してしまう。これが決定打となり、仙台商が第1セットを25-20で先取した。

 

第2セットも、第1セットと同様に激しい攻防戦が繰り広げられた。駿台学園は、1セット目後半に#2佐藤と交代した#1中島彬が得点源としてチームを引っ張る。ジャンプサーブに時間差攻撃、ライトからの速い攻撃などで大活躍。#1中島の活躍に引っ張られるように、#3武本が強打、#5秋本がブロック、#14小用竜生がクイックなどを決め、徐々に流れを引き寄せていく。

 

対する仙台商も#1山元のスパイク、#3髙橋のクイックなどで得点するが、終盤にかけて#1山元にトスが集中し、駿台学園の高いブロックの前に1回で攻撃が決まらない場面が増加。23-23と拮抗したものの、ここで勝負強さを見せた駿台学園#4渡邊が立て続けにスパイクを決めて25-23とし、セットカウント1-1とした。

 

勝負が決まる第3セットは、調子を取り戻した駿台学園が5連続得点し先行する。途中、ミスなども出て仙台商に追いつかれるも、チャンスの場面で#1中島や#3武本らが確実に決め、中盤からジリジリと引き離していった。また、3セット目序盤で#渡邊と交代して再びコートに入った#2佐藤も躍動。駿台学園が20-18と20点代に乗せると、仙台商#1山元のスパイクミスを含めミスが3つ続いて23-18とリードを広げる。仙台商にはこれが致命傷となり、最後は#2佐藤が時間差攻撃を決めて、駿台学園が第3セットを25-20で奪取。総合力で勝った駿台学園が僅差のゲームを制し、3回戦へ駒を進めた。


【特集】春の高校バレー2022特設サイトはこちら

 

 

 

CONTENTS

pagetopbtn