gv-logo

定期購読

インターハイ2022月バレ便り

【四国インターハイ2022】昨年女王下北沢成徳が敗者復活戦から決勝トーナメントへ 小川良樹監督「マイナスにとらえていません」

  • 2022.07.30

 

 

令和4年度全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ2022)初日の7月29日(金)、女子予選グループ戦で前回大会優勝の下北沢成徳高(東京[1])は東九州龍谷高(大分)にストレート負け。だが敗者復活戦で安来高(島根)に勝利し、決勝トーナメント進出を果たした

 

【画像】東九州龍谷と下北沢成徳のフォトギャラリーはこちら

 

 相手コートに広がる歓喜の輪を、下北沢成徳高の選手たちは唇を噛み締めながら見つめた。予選グループ戦屈指の好カードとなった東九州龍谷高との名門校対決。ストレート負けに終わり、動揺は大きいのかと思いきや、チームはすぐに前を向いていた。小川良樹監督は「これからトーナメントを勝ち上がっていくうえで、こういう真剣な試合をしておきたかったので。全然マイナスにはとらえていません」と落ち着いた口調で語った。

 

 試合開始時間が目まぐるしく変わり、十分なアップ時間を確保しづらい全国大会。オープントスを打ちきるスタイルの下北沢成徳高にとっては、慣れない体育館ですぐにトスとの感覚を合わせなければならず、特に序盤は力を発揮しづらい。第1セットはなかなかスパイクが決まらないなか、相手が得意とする早い展開に持ち込まれ、2-2から7連続失点。終盤に追い上げたものの、最大9点のビハインドが重くのしかかった。

 

 あとがなくなった第2セット。エンジンがかかりはじめ、序盤は9-5とリードしたが、そこからミスを連発。中盤に逆転を許し、相手に押しきられた。指揮官は「1セット目はおそらくアップ不足で試合に臨まねばならず、ああいう展開になるのはわかっていました。2セット目に体がほぐれてきて、ミスは予想していたとはいえ、少なからずダメージはありました」と語ったが、これも選手の成長を考えると、必要なステップととらえる。

 

 敗者復活戦の安来高戦では悔しさを胸にしまい、序盤から全開。谷島里咲、佐藤彩夏の両エースを軸にコンスタントに連続得点を決めてセットを先取すると、第2セットは中盤から佐藤の5本のサービスエースを含む8連続得点で突き放し、快勝した。佐藤は「(24-14の場面で)サーブをミスしてしまいました。そこから相手に詰められる可能性もあるので、ミスはなくしたいです」と満足せず。谷島は「今日のことを頭に残したまま明日に入ると、自分たちの悪いところが出てしまうと思うので、もう一度リセットして臨みたいです」と気を引き締めた。

 

 敗者復活戦後の集合写真撮影では、「笑顔でお願いします!」というカメラマンの呼びかけにも、表情を崩さず。武田麗華キャプテンは言う。「崖っぷちまできて、小川先生にも『自分たちでこれを乗り越えなさい』と言われました。明日もまたみんなで戦えることを当たり前とは思わず、もらった命だと思って頑張ります」。

 

 小川監督のラストイヤーで、三冠を掲げる1年。目に焼き付けた光景が、選手たちの心に再び火をつけた。

 

 

7月30日(土)の試合予定

11時50分〜

下北沢成徳高-日本航空高(山梨)と都城商高(宮崎)の勝者

 

【表】四国インターハイ2022「女子グループ戦組み合わせ表」をチェック

 

「四国インターハイ2022」特設ページはこちらをクリック!!

 

 

【次ページ】東九州龍谷と下北沢成徳のフォトギャラリーはこちら

CONTENTS

インターハイ2022トップに戻る

インターハイバックナンバー

pagetopbtn