gv-logo

定期購読

インターハイ2022月バレ便り

【四国インターハイ2022】習志野が序盤からリズムをつかんで粘る相馬を一蹴。決勝トーナメント進出を決める

  • 2022.08.04

 

習志野が多彩な攻撃で粘る相馬を退ける

 

8月4日、「令和4年度全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ2022)」大会5日目男子グループ戦、習志野(千葉県)と相馬(福島県)が対戦。スタートダッシュで流れをものにした習志野が粘る相馬を退けてストレート勝ち。決勝トーナメント進出を決めた。

 

【表】四国インターハイ2022「男子グループ戦組み合わせ表」をチェック

 

試合は相馬のサーブからスタート。習志野のアタックをディグして攻撃につなげるが、#3小田周平にブロックされて、先取点は習志野が奪取。

 

さらに習志野は#6岡田晴太のジャンプサーブから6連続得点を挙げて7-1とリードを広げる。

その流れをなんとか切った相馬は、攻守の要#2佐藤楓也のサーブからブレークを奪って4-8とするがあとが続かない。それでも、サーブレシーブが乱れ、本来のコンビバレーが出せずに6-18とされた場面で奮起。セッターでキャプテンの#1新妻権のトスから、#5井澤亮、#4石橋海翔、#2佐藤楓也、#7佐藤瑛也が決め、4連続得点をあげて10-18まで追いすがる。

 

その後、ブロックとディグの連係もよくなった相馬は、#2佐藤(楓)が高確率でアタックを決定。#5井澤も続いて巻き返しを図る。しかし、確実にサイドアウトを奪う習志野の優位は変わらず、25-16で習志野がセットを先取する。

 

このままでは終われない相馬。第2セットは#7佐藤(瑛)のライトアタックで1点目を奪うと、粘り強い守備で習志野に食らいついていく。しかし、サーブでなかなかブレークができない。すると、4-4からアタックの連続ミスなどもあって5連続失点。4-9と差を広げられてしまう。

 

一方で、連係の取れたブロックでアタックを引っ掛け、#6岡田、#3小田、#2吉原柊治らの攻撃につなげる習志野は着々と得点を重ねていく。点差ができることで、攻撃にも余裕ができる。#7平野のトスから多彩な攻撃を展開し、16-7と大量リードを奪う展開。

 

相馬の#2佐藤(楓)が強烈なアタックを決めるが、それでも習志野の連続ブレークを止めるのがやっと。集中力を終始切らすことなくプレーした習志野が、第2セットを25-10で奪い、ストレート勝利で決勝トーナメントへの切符をつかんだ。

 

「四国インターハイ2022」特設ページはこちらをクリック!!

CONTENTS

インターハイ2022トップに戻る

インターハイバックナンバー

pagetopbtn