gv-logo

定期購読

インターハイ2022月バレ便り

【四国インターハイ2022】聖隷クリストファーが地元・坂出工を下してベスト16進出、流れを掴んで勝利をもぎ取る

  • 2022.08.05

 

拮抗した展開から流れを掴んだ聖隷クリストファーが勝利

 

8月5日、「令和4年度全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ2022)」大会6日目男子2回戦、第5シードの地元・坂出工(香川[1])が聖隷クリストファー(静岡)と対戦。両セット共に拮抗した立ち上がりとなったが、中盤で流れをものにした聖隷クリストファーがストレートで勝利。ベスト16進出を決めた。

 

「四国インターハイ2022」特設ページはこちらをクリック!!

 

1回戦、岡山東商(岡山)にストレート勝ちを収めた聖隷クリストファーと地元・坂出工(香川[1])、共にコンビバレーを武器とする両チームが2回戦で激突した。

 

試合は聖隷クリストファー#6小山朔歩のサーブからスタート。すると、キャプテンの#1小野駿太がレフトから3本連続で決めて3-0と好スタートを切る。しかし、坂出工も#5小島舜生のサーブから連続得点をあげて3-3と同点に。

 

その後、坂出工はキャプテンの#1藤本俊介がレフト攻撃に、#10渡里伊紗、#4石下拓玖斗のクイック、聖隷クリストファーは#1小野のバックアタックに#3高柳秀隆のクイックなど、共に多彩な攻撃を披露。サイドアウトを奪い合う。

 

先に流れを掴んだのは聖隷クリストファー。中盤、相手のミス、#1小野のバックアタックでブレークに成功して、18-14とリードを作る。

坂出工は#2田岡悠瑠のトス回しから#4石下、#5小島が決めていくと、#4石下のサーブから連続得点を決めて19-20と迫る。しかし、あと1点が遠い。聖隷クリストファーは#3高柳秀隆、#1小野が着実に決めていくと、相手のミスにも助けられて25-21でセットを先取する。

 

第2セットも立ち上がりからサイドアウトが続く。決められたら決め返す、そんな展開が見られたが、聖隷クリストファーは相手の連続ミス、#6小山のサービスエースなどで5連続得点。13-7とリードを作る。

 

坂出工は#4石下のライト攻撃、#1藤本のブロックアウトで流れを切ろうとするが、直後に4連続失点して9-18と点差を広げられてしまう。その後、#1藤本、#10渡里伊紗のサーブでブレークし、最大9点差を19-22と3点差まで詰めたものの、追い上げもここまで。サイドアウトを着実に奪っていった聖隷クリストファーが、25-21。ストレートで勝利して3回戦進出を決めた。

 

「四国インターハイ2022」特設ページはこちらをクリック!!

 

CONTENTS

インターハイ2022トップに戻る

インターハイバックナンバー

pagetopbtn