gv-logo

春高ベスト16・敬愛学園高「支えてくれた方々への感謝」〜最終編〜

  • 高校生
  • 2021.03.09

 

敬愛学園高校

女子バレーボール部3年生アンケート

 

春の高校バレーで、最後まであきらめることなく戦った3年生にアンケートを実施! 

12名はどんなことを考えていたのだろうか?!

 

 

【鈴木杏梨】

<春の高校バレーの感想>

まず大変厳しいコロナ渦の中、開催を決意してくださって、主催者の方々に感謝しかありません。無観客など例年とは違う中での試合でしたが、やはり東京体育館のオレンジコートでのプレーは特別な感情が湧いてきました。目標であった“日本一”には届きませんでしたが、最後まで、全員で全力で挑めた事は一生の思い出です。

 

<大会中に緊急事態宣言が出た時の気持ち>

今まで積み重ねてきたものが、出し切れずに終わってしまうのかと不安は気持ちでしたが、“勝ちたい”とか“すべて出す”っていう前向きな感情の方が大きかったです。

 

<3年間の部活を振り返っての感想>

今まで辛かったことや、苦しかったことを乗り越えてこられたのは、仲間の支えがあったからであって、仲間がいなければ、ここまで来られていなかったなと強く感じています。そして、保護者の皆様、周りで応援して下さる方々の支えがあったからこそ、ここまで勝ち進めたと思います。私にとって、高校生活が人生の中で一番の思い出、そして財産になると思います。それほど敬愛学園が大好きだし、仲間や先生方が大好きです。

 

<一番の思い出>

自粛期間中が一番の思い出です。こんなにも長時間、バレーボールと離れて、毎日会っていた仲間とも会えずに過ごした日々は初めてで、とても不思議な感覚でした、練習が再開して仲間と一緒にプレーができた時のうれしさは忘れられません。

 

<下級生に伝えたいこと>

あの時「こうすればよかった」とか「こうしておけば」といった後悔だけはしてほしくないです。挑戦や発言することを恐れずに、前を向いて進んでいってほしいです。また、大会を通じて周りの方々の支えを強く感じたと思います。感謝の気持ちを忘れずに自分たちが成し遂げられなかった「日本一」を成し遂げてほしいです。

 

<上原先生・釜井先生へのメッセージ>

高校3年間、楽しいこと、苦しいこと、辛いこと、色々なことがありましたが、こんなにも充実した時間を送れたのは、先生方のおかげです。バレーボールに対して、深く追求している姿はとても尊敬しています。敬愛学園で先生方と出会い、バレーボールをすることができて、本当に幸せ者だと思います。大学でもバレーボールに向き合い、良い報告できるように頑張ります。

 

 

【齊木まつり】

<春の高校バレーの感想>

コロナ禍の中で、全国大会が開催されたことが単純にうれしかったです。実際、会場に行って思ったことは、私たちが気持ちよく試合ができるように、たくさんの人が感染対策を行っていて、この状況の中で大会が開催されることは当たり前ではないと実感しました。改めて関係者の方々には感謝をしなければならないといけないと感じました。

 

<大会中に緊急事態宣言が出た時の気持ち>

とても不安でした、もしかしたら中止になることもありえるのではないかととても怖くなりました。ですが、目の前の試合に集中しようという思いの方が強く、チーム全員で乗り越えることしか頭になかったです。

 

<3年間の部活を振り返っての感想>

私はプレーヤー兼マネージャーという立場で、この1年間を過ごしてきました。悩むことも辛いこともたくさんありましたが、最後に東龍と戦えたこと、そこまで連れてきてくれた先生方、チームのみんなに感謝しています。自分の分まで、最後まで戦い抜いてくれたこと、私は忘れません。

 

<一番の思い出>

新人戦(1年生)の時、準決勝でユニフォームを着させてもらい、ピンチサーバーで出させてもらいました。そこで、3点分相手を崩すことができ、コートから出た時に先生にハイタッチしてもらえたことです。

 

<下級生に伝えたいこと>

今まで頼りない3年生に付いてきてくれて、ありがとう。春高は最高の舞台です。来年も再来年も春高という夢の舞台で私たち以上に輝き、先生方にメダルをかけてあげてください。応援しています。

 

<上原先生・釜井先生へのメッセージ>

今までありがとございました。生徒一人一人を見て、ここまで大切に育ててくれて、感謝の想いしかありません。春高でも私を信じ、コートに出してくれました。先生方のお陰で忘れられない3年間になりました。あと、4年間よろしくお願いします。

 

 

 

【大木春香】

<春の高校バレーの感想>

まず、春高に出場できたことがうれしかったです。印象に残った試合は、広島桜が丘戦です。お互い苦しい状況で接戦の中、戦い抜くことができました。あの時の試合は今でも鮮明に憶えています。また、私がこの春高の舞台でプレーをすることができたのは、遠くで3年間支えてくれた家族のおかげです。応援に来られない中、家族の想いを感じ、全力で仲間と戦うことができました。

 

<大会中に緊急事態宣言が出た時の気持ち>

日本一を目指して3年間努力してきたことが、すべて水の泡になってしまうのではないかと思い、正直不安でした。しかし、私たちにとっては最後の大会を、「笑顔でやる」「勝ちにこだわる」「今までの想いをすべて出し切る」という想いのほうが強かったです。世界的に厳しい状況の中、このような大会を開催してくださった関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 

<3年間の部活を振り返っての感想>

正直辛いことばかりの3年間でした。しかし、ここまで来ることができたのは、私をいつも支えてくれるチームメイトに出会えたことが大きいです。春高予選で3年生12人全員がコートに立ち、優勝できました。このメンバーと出会えていなければ、今の私は決して存在してないと思います。ケンカした日、泣いた日、全員で勝利を分かち合った日、毎日が私にとって印象深いです。それほど敬愛学園が好きだったし、上原先生、釜井先生の下でバレーボールができたことが最高の思い出です。

 

<一番の思い出>

3年間、たくさんの思い出がありますが、私の中では自粛期間中のZoomでのトレーニングです。自粛期間中はバレーボールができず、仲間とも会うことができませんでした。私たちはZoomを使い、お互いにトレーニングを見て、指摘し合い、意識を高め合いました。今までにない経験だったのですごく印象に残っています。

 

<下級生に伝えたいこと>

コロナ渦で不安になることが多いと思います。今はマイナスにではなく、プラスに考えて練習に取り組んでほしいです。また、今回の春高を通してそれぞれ感じる想いがあったと思います。その想いを練習や大会でぶつけ、私たちが叶えられなかった「日本一」を目指して頑張ってください。

 

<上原先生・釜井先生へのメッセージ>

今まで、3年間ありがとうございました。私は先生が思っているようなプレーが全然できず、何度も迷惑をかけてしまいました。それでも私を信じ、最後春高の舞台でコートに立たせてくださったことは本当に感謝しています。敬愛学園で先生方と出会い、バレーボールをすることができてとても幸せでした。大学4年間もよろしくお願いします。

 

 

【袋 日星】

<春の高校バレーの感想>

まず、大会を運営してくださった皆様に心から感謝しています。無観客という異質な雰囲気でしたが、この華やかな舞台で輝き、家族や支えてくださった方々に感動や笑顔を与えることができて本当に良かったです。そしてコートに立った時、改めて「この仲間と3年間頑張ることができてよかった」と心の底から思いました。

 

<大会中に緊急事態宣言が出た時の気持ち>

「途中で幕が閉じ、3年間頑張ってきたことを出し切れずに終わってしまったどうしよう」と色々な想いを巡らせていました。ですが、今、自分たちができることを考え、全員が感染対策を徹底し、万全な状態で一戦一戦戦えたので良かったです。

 

<3年間の部活を振り返っての感想>

3年間、誰よりも怒られ、辛い日々でしたが、「支えてくれる家族や仲間のために頑張らなきゃ」と思い、乗り越えることができました。苦労した分、得たものも多いし、結果が出た時は人一倍うれしかったです。そして、技術面だけでなく、人間性も高めることができ、今振り返るとバレーをしている毎日が充実して幸せだったと感じます。

 

<一番の思い出>

1年生の時に、1日中1人で直上オーバー1,000回をやり続けていたことが思い出です。何セットもやり続け、首が座らなくなるまで練習しました。ですが、乗り越えたからこそ以前よりもバレーが楽しく、やりがいを感じています。今では誰よりも負けないぐらいのパス力に自信があります。

 

<下級生に伝えたいこと>

来年も春高に出場し、今年以上の結果を出して全国に敬愛の名を残してほしいです。オレンジコートに立ってプレーすると辛かったことが忘れるほど楽しいです。今、バレーボールができていることに感謝しながら、自分のためはもちろん、仲間や支えてくれている方々のために頑張ることで、もっとプレーも生活も変わってくると思います。

 

<上原先生・釜井先生へのメッセージ>

3年間の熱いご指導、本当にありがとうございました。先生方にご指導していただいたことは、人生の宝物となりました。ここまで私を成長させていただき本当に感謝しています。数多くの全国大会を経験し、一緒に戦えたことが何よりもうれしいです。中身の濃い充実した高校バレー生活にできたのは、家族や皆様のお陰です。本当にありがとうございました。

 

 

 

【柴﨑くるみ】

<春の高校バレーの感想>

日本一を目指し毎日練習していたので、3回戦で負けてしまったのは悔しかったですが、憧れの春高という舞台に立ち、全員バレーで戦えたことをとてもうれしく思いました。当たり前ではない今にバレーボールができたことや支えてくれた両親をはじめ、たくさんの方々に感謝しています。

 

<大会中に緊急事態宣言が出た時の気持ち>

今年1年間の自分たちの見せ場が、またなくなってしまうのではないかと不安な気持ちがありましたが、最後までプレーできたのでとても安心しました。大会を運営してくださった方々に感謝しています。

 

<3年間の部活を振り返っての感想>

辛いこともあり、楽しいことばかりではなかったですが、終わってみると3年間とてもあっという間でした。プレー面や精神面でも成長することができ、チームメイトにも恵まれて敬愛学園でなければ、このような経験はできていなかったと思います。バレー漬けの3年間は私にとって宝物であり幸せな毎日でした。

 

<一番の思い出>

練習ができていなかった自粛期間の時に、全員でダンス動画やモチベーション動画を作ったことが一番の思い出です。それまで不安な気持ちがありましたが、動画を作ったことであきらめてはいけないという気持ちが高まりました。上下や横のつながりが強くなり、仲間の存在の大きさを改めて実感しました。

 

<下級生に伝えたいこと>

常に自分たちのためにサポートをしてくれてありがとうございました。1、2年生がいなければ、戦えていませんでした。来年も春高に出場をして今年以上の結果を残してほしいです。辛いこともあると思いますが、先生、仲間を信じ常に「勇往邁進」を胸に頑張ってください。

 

<上原先生・釜井先生へのメッセージ>

3年間ご指導いただき、ありがとうございました。1人1人を見て指導してくださる先生方のおかげで成長することができました。練習は絶対にウソをつかないことや人間性の大切さなど学んだ事が多くありました。3年間での経験を活かし、「心は熱く頭は冷静に」という先生の言葉をモットーに大学でも頑張ります。

 

 

【永井知佳】

<春の高校バレーの感想>

待ち焦がれていたオレンジコートに立てたことがとてもうれしかったです。3回戦の東龍戦では、日本一を経験しているチームの安定感と精神的な強さが感じられました。そういうチームと春高で戦ったということを1つのキャリアとして、これからも上を目指していくためのステップにしていきたいと思います。

 

<大会中に緊急事態宣言が出た時の気持ち>

自分たちは緊急事態宣言が出た日に負けてしまったけれど、その後もなんとか最後まで大会をやり遂げてほしいと思っていました。このような状況の中で最後までやり切る事は本当に大変な事なんだと感じました。

 

<3年間の部活を振り返っての感想>

3年間という短い期間でも一つのことをやり遂げることができたというのは、これから生きていく上で自信にもなると思うので続けてよかったです。たくさんの人に支えられて、ここまでこられたので家族や先生方に感謝を伝えたいです。

 

<一番の思い出>

昨年の夏休みに、これまでにないくらい自分がコートの中で責任を果たせずにいて、追い込まれてしまった時のことです。バレーをやりたいくたいと思う日も多かったけど、同級生から励ましの言葉をもらったり、一緒に練習に付き合ってもらうことで自分の考え方も変わり、プレーもレベルアップさせることができた。

 

<下級生に伝えたいこと>

練習で苦しんだ分、本番で楽しく試合をすることができると自分が感じること。先生に言われなくても自分で自ら自分を追い込んだりもがいたりして厳しさを追求してほしい。

 

<上原先生・釜井先生へのメッセージ>

敬愛学園に入学して上原先生と釜井先生にたくさんの指導を受け、気付かされたことが数え切れないほどありました。本当にありがとうございました。私は系列校の敬愛大学に進むのでこれから先もお世話になります。よろしくお願いします。

 

  • インターハイ2021

pagetopbtn