gv-logo

アシックスV-Swift

V1男子/ジェイテクトが激闘制し初優勝

  • V1
  • 2020.03.01

 2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN(V1男子)は2月29日(土)に高崎アリーナ(群馬)でファイナルが行われ、ジェイテクトSTINGSがパナソニックパンサーズ3−2で制し、初優勝に輝いた。

勝利を喜ぶジェイテクトの選手たち

■ファイナル/ジェイテクトSTINGS 317-25,25-22,25-22,26-28,15-102 パナソニックパンサーズ

 悲願の初優勝を狙うジェイテクトと、3年連続の優勝を掴み取りたい前回王者パナソニックの対戦となった。第1セットは、パナソニックがクビアク,ミハウのワザありのアタックやブロック、清水邦広の力強いスパイクなどで得点を重ねるとセット中盤では連続得点でリードを大きく広げ、勢いそのままにセットを先取する。

 しかし、第2セットに入ると“挑戦者”ジェイテクトがカジースキー,マテイや饒書涵、西田有志らのパワーあふれるスパイクが本領を発揮し、反撃を開始。流れを掴んだジェイテクトがセットを奪い返す。以降はお互いに強烈なサーブやスパイクの応酬が続き、セットカウント2−2で勝負は第5セットへともつれ込む。

両者一歩も譲らぬ攻防が繰り広げられた

 そうして運命の最終セットは序盤からジェイテクトが大きくリードする展開に。パナソニックも必死に点差を詰めようと清水や山内晶大、クビアクらが奮闘するも、ジェイテクトの勢いを止めることができず。最後はジェイテクトが、途中出場の伏見大和がノータッチエースを決め(一度はアウトの判定もチャレンジが成功)、初優勝を掴み取った。

 試合後のコートインタビューで、ジェイテクトの髙橋槙治監督は「率直にうれしい気持ちです。昨シーズンの悔しさを取り返したい思いで全員が戦いました」と感無量。決勝戦は新型コロナウイルスの影響により無観客試合での開催措置が取られたが、キャプテンの本間隆太は「テレビの前でたくさんの方が応援してくれているのだと感じながらプレーすることができました」と感謝した。

無観客試合で開催されたファイナル

**********

最高殊勲選手賞に輝いた西田(写真右)

【2019-20シーズン表彰】

>>技術統計ほか表彰<<

得点王西田有志(ジェイテクトSTINGS)

スパイク賞小野寺太志(JTサンダーズ広島)

ブロック賞小野寺太志(JTサンダーズ広島)

サーブ賞西田有志(ジェイテクトSTINGS)

サーブレシーブ賞鶴田大樹(サントリーサンバーズ)

Vリーグ栄誉賞金丸晃大(ジェイテクトSTINGS)/近 裕崇(ウルフドッグス名古屋)/清水邦広(パナソニックパンサーズ)/内山正平(ウルフドッグス名古屋)/永野 健(パナソニックパンサーズ)

優秀GM賞早野容司(ジェイテクトSTINGS)

フェアプレー賞白澤健児(パナソニックパンサーズ)ほか

>>GRANDFINAL表彰<<

最高殊勲選手賞西田有志(ジェイテクトSTINGS)

敢闘賞清水邦広(パナソニックパンサーズ)

最優秀新人賞藤中優斗(ジェイテクトSTINGS)

ベスト6西田有志(ジェイテクトSTINGS)/クビアク,ミハウ(パナソニックパンサーズ)/ムセルスキー,ドミトリー(サントリーサンバーズ)/饒 書涵(ジェイテクトSTINGS)/小野寺太志(JTサンダーズ広島)/深津英臣(パナソニックパンサーズ)

ベストリベロ本間隆太(ジェイテクトSTINGS)

レシーブ賞鶴田大樹(サントリーサンバーズ)

優勝監督賞髙橋慎治(ジェイテクトSTINGS)


  • デサントプレゼントキャンペーンFW
  • macdavid
  • 全国専門学校選手権2019

pagetopbtn