gv-logo

NBP ONLINESHOP

WC2019男子/第6日目 結果

  • 全日本男子
  • 2019.10.10

 ワールドカップバレー2019男子大会、10月9日(水)の試合結果。戦いは後半戦へ、広島ラウンドが始まりました。メダル争いにむけて、好スタートを切ったのは…!?(写真:FIVB)

【Aサイト】イタリア 〇3(25-19,25-21,25-22)0● エジプト

 試合を重ねるごとにチームケミストリーも上昇気配にあるイタリアは、ディック・コーイとガブリエレ・ネッリがともに3本のサービスエースをあげて、勝利した。

パワフルスパイカー、ネッリ

【Aサイト】ポーランド 〇3(25-27,25-21,25-18,25-22)● ロシア

 ロシアが第1セットをジュースの末に取り切るも、サーブミスが目立ち逆転負け。対するポーランドはウィルフレド・レオンが19得点、バルトシュ・クレクが12得点をあげて勝利した。なお、広島ラウンドからキャプテンのミハウ・クビアクが合流している。

ポーランド代表としては初の三大大会をプレーするレオン

【Aサイト】日本 〇3(25-17,25-22,25-22)0● オーストラリア

 サーブで相手の出鼻をくじいた日本は、終始リードする展開で試合を進め、2−3で敗れていたアジア選手権のリベンジを果たした。

勢いに乗る日本。次の相手は高さあるロシアだ

【Bサイト】カナダ 〇3(25-20,20-25,29-27,20-25,15-12) チュニジア

 チュニジアは第3セットのジュースを制し今大会初勝利に王手をかけたが…。エースのハムザ・ナガ、30得点に到達も悔しさ残す。カナダは気鋭のオポジット、シャローン・バーノン-エバンズが23得点。

最高到達点374センチを誇るバーノン-エバンズ

【Bサイト】ブラジル 〇3(25-19,25-19,26-24)● アルゼンチン

 南米決戦は、ブラジルがストレート勝利。アラン・ソウザが15得点、イオアンディ・レアルが14得点をあげた。

今シーズン、ブレイク中のオポジット、アラン・ソウザ

【Bサイト】アメリカ 〇3(25-18,22-25,25-18,25-12)1● イラン

 サーブで上回ったアメリカ。1セットを奪われるも、きっちりと勝利し、2位をキープしている。アーロン・ラッセルが18得点とリード、マシュー・アンダーソンが15得点と続いた。

メダル圏内をキープする前回大会王者のアメリカ

***第6日目終了時点順位表***

1位:ブラジル 6勝0敗(勝ち点18)

2位:アメリカ 5勝1敗(勝ち点16)

3位:ポーランド 5勝1敗(勝ち点15)

位:日本 4勝2敗(勝ち点12)

5位:ロシア 3勝3敗(勝ち点9)

6位:イタリア 3勝3敗(勝ち点8)

7位:カナダ 3勝3敗(勝ち点8)

8位:エジプト 勝4敗(勝ち点7)

9位:イラン 2勝4敗(勝ち点6)

10位:アルゼンチン 2勝4敗(勝ち点6)

11位:オーストラリア 1勝5敗(勝ち点2)

12位:チュニジア 0勝6敗(勝ち点1)

 

熱戦が繰り広げられているワールドカップバレー2019。世界に挑む日本代表を応援する一冊『スペシャルサポーターズブック RED RISE』好評発売中!!

お求めはコチラ


  • ミズノREDFORJAPAN
  • ミズノママさん限定プレゼントキャンペーン
  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn