gv-logo

アシックスV-Swift

その活躍にありがとう[V男女退団情報]

  • V1
  • 2020.05.01

 新型コロナウイルス感染症拡大を鑑みての試合中止などさまざまな状況がある中、決意をもって自身の現役生活に終止符を打つこと、あるいはチームを離れる意思を表明したVリーガーたち。これまで、3月10日時点(男子編女子編)、3月31日時点(男女編)、4月3日時点(男女編)、4月17日時点(男女編)、4月22日時点(男女編)でのV.LEAGUE男女退団選手情報をお伝えしたが、今回は4月30日時点での退団・移籍希望情報をまとめて掲載する。これまで、全国のバレーボーラーたちに夢と希望を与え、観客を魅了してきた選手たち、そしてチームを陰で支えたスタッフたち。その活躍に「ありがとう!」。

※各選手のコメントはチーム公式ホームページより抜粋

【V1男子】 ※チーム名をクリックすると各チームの公式HPへ移動します

【パナソニックパンサーズ】

【引退】

■山添信也(やまぞえ・しんや)

「本来ならば黒鷲旗をもって引退ということでしたが、最後がこのような形での引退となり、今まで支えてくださったファンの皆様に直接感謝の気持を伝えられない事が何よりも残念に思います。
 日本代表メンバーが多数在籍するパンサーズに入った10年前。目の前でVリーグを優勝する先輩達を見て、自分も死ぬ気で頑張ろうと覚悟を決めました。あれから10年。僕はたくさんの優勝を経験させて貰いましたし、昨シーズンは最初で最後の勝利者インタビューを経験することが出来ました。とっても幸せでした。こんなに長く現役生活を送れたことに心から感謝しています。本当に夢のような時間をありがとうございました。
 最後になりますが、これまで支えて下さったスタッフの皆様、偉大な先輩方、頼もしい後輩たち、そしていつも温かい声援をくださったファンの皆様に心から感謝申し上げます。まだまだ進化を続けるパナソニックパンサーズをこれからも一緒に応援して行きましょう。1つのボールを必死で繋ぎ、1点1点を全力で喜び、ハイタッチして輪になって。そしてまた次の1点を全員で取りに行く。またいつかみんなでバレーボールやりたい!」

ミドルブロッカー/身長190センチ/1987年5月23日生まれ/大村工高→大阪産大/長崎県南松浦郡出身

  

【退団】

劉 鴻敏(りゅう・ほんみん)

「Thank you all for your support in the past few months. It’s a great time and great memory. I am very happy to come to this team, and wish I have another opportunity to come to Japan again!

 この数ヶ月間皆さんのサポートありがとうございました。私にとって素晴らしい時間であり、とても良い思い出です。このチームに来ることができてとても嬉しく思います。また日本に来られる機会があればいいなと思っています!

 非常謝謝各位球迷這幾個月的支持與照顧,我很開心來到松下黑豹,未來我也會繼續努力,提升自己,希望能夠在來日本和大家見面,謝謝大家」

アウトサイドヒッター/身長191センチ/1993年11月10日生まれ/華僑高→台湾師範大→Diamond Food Saraburi/チャイニーズタイペイ出身

     

■古田博幸(ふるた・ひろゆき)

この度、パナソニックパンサーズを退団することになりました。在籍5シーズンでしたが応援してくれたファンの皆様、最高のスタッフと選手に囲まれて数々のタイトルを取る事が出来ました。本当にありがとうございました。次の人生でもこの経験を糧にして頑張りたいと思います。最後になりますがファンの皆様ご声援は必ず選手の力になります。これからもパナソニックパンサーズに温かいご声援よろしくお願いします

コーチ/1971年10月22日生まれ/直方高/福岡県直方市出身

  

■モッタ パエス マウリシオ

「Très chers FANS,I would like to say how much I appreciate to be part of Panasonic Panthers.Your support was unbelievable in ours good moments and also in the hardest moment.You always follow us everywhere in Japan and see your commitment with our team was great.I will miss all this moments and in particular the Fans festival in Hirakata Park.Thanks for all, Take care and Go Panthers!!

ファンの皆様へ
パナソニックパンサーズの一員であったことにどれだけ感謝しているかをお伝えしたいと思います。ファンの皆さんには、チームの結果や状態が良い時も困難な時も、信じられないほどサポートしてもらいました。日本各地でいつも献身的に私たちを応援してくれたことはとても素晴らしいものでした。私はこのような全ての瞬間、特にひらかたパークでのファンフェスティバルで皆さんに会えなくなることを恋しく想います。本当にありがとうございました。Go Panthers!!」

コーチ/1963年5月26日生まれ/GAEM FILHO/ブラジル出身

       

■和地 肇(わじ・はじめ)

パンサーズの皆さん、そしてパンサーズを支えて頂いている全ての皆様、2年間という短い期間でしたが大変お世話になりました。試合、合宿やその他のこのチームで、チームメイトと経験したこと全てが良い思い出です。
 またファンの皆様、いつもパンサーズを応援頂きありがとうございます。チームは皆様のお陰でいいパフォーマンスが発揮できます。今後も引き続き応援を宜しくお願いします! どうもありがとうございました

パフォーマンスコーチ/1981年5月15日生まれ/California university of Pennsylvania/兵庫県神戸市出身

  

■工藤 舞(くどう・まい)

ファンの皆様から日頃チームがどれだけ大きなパワーをもらっているのかと昨シーズン以上に今年のファイナルで感じました。改めてファンの皆様の温かく熱い応援に感謝しております。パンサーズでの経験は私の人生において大きな財産です。私も選手同様に好奇心と夢を持ってチャレンジを続けていきます。2年間本当にありがとうございました。日本一、アジア一、世界一に向けて、GO PANTHERS!

通訳/1974年7月1日生まれ/武蔵大/埼玉県坂戸年出身

写真中央が山添。写真は18-19シーズンより
4シーズンにわたりコーチとして貢献したマウリシオコーチ

【ウルフドッグス名古屋】

【引退】

■黒澤雄介(くろさわ・ゆうすけ)

「今シーズンをもちまして現役引退させて頂くことになりました。入団してから6年間、応援してくださったファンの皆様、そして家族の支えがあり、本当に多くのことを経験することができました。ありがとうございました。

 特に今シーズンはチームを離れ、スウェーデンリーグでプレーしましたが、言語・文化が大きく 違う環境でバレーボールを通じて多くの人に出会えたこと、心を通わせることができたことは一生の財産です。また、育成コーチとして現地の子どもたちにバレー指導も行っていました。この経験を活かして、今後はウルフドッグスのユース育成に携わり、クラブの発展に力を注ぎたいと思います。最後になりますが、今後ともウルフドッグス名古屋へのご声援、よろしくお願い致します」

アウトサイドヒッター/身長189㎝/1992年1月24日生まれ/深谷高→宇都宮大/埼玉県さいたま市出身

写真右端#16が黒澤

【東レアローズ】

【退部】

■井手 智(いで・さとし)

はじめに、ファンの皆様をはじめ、アローズを応援してくださっているたくさんの方々に突然のご報告になってしまい、申し訳ありません。本来ならばGWに行われる予定だった黒鷲旗で優勝する姿をもう一度お見せして退団したかったのですが、叶いませんでした。いつもはコートを守っておりますが…今は、みなさまと、そしてチームメイトの命を守る事が、最優先事項だと僕自身も思っておりますし、ユニフォームを着てコートに立った試合は常に勝つことを考えて全力でプレーして来たので、後悔はありません。
 2014年~2020年までの6年間、共に戦ったスタッフの方々・チームメイト、最高の仲間でした。そして、東レならびに関係会社の方々、そしてアローズファン、またバレーボールファンのみなさま、たくさんのサポートに心から感謝しています。
 東レアローズに在籍した6年間は長いようであっという間だったと感じています。良い時も悪い時も、いつもみなさまの応援に背中を押していただきました。6年の間には数々のドラマがありましたが、みなさまと共に戦えた事も僕の誇りです。ほんとうにありがとうございました。
 退団後は海外でのプレーを希望しています。まだまだ戦い続けます。もっともっと厳しい環境に身を置いて自分自身のレベルアップをしてきます。そして、また日本のファンの皆様の前でプレーしたいと思います。僕の夢はまだまだ続きます、日本がオリンピックで最高の瞬間を迎えるその時まで、to be continue…..see you soon.ありがとうございました」

リベロ/身長174センチ/1992年1月16日生まれ/大村工高→東亜大/長崎県大村市出身

右から2番目が井手、堅実な守備で活躍した

【V2男子】

【ヴォレアス北海道】

【退団】

キサル ムラートハン

こんにちは!まずは、すべてにおいて「ありがとうございました」とお伝えしたいです。こんなファンの方を体験するのは私の人生においても初めての経験でした。ヴォレアス北海道は、チームとして団結するファミリー精神旺盛なクラブの一つです。チーム全体が温かく、とても良かったです。今シーズンの経験は一生忘れません。シーズンの最初から最後まで、ホームにいる様な感じで居心地がいいチームでした。
 世界中で起こっている大惨事のおかげで、我々が目指していた通りにシーズンを終える事が出来ずに残念です。残念ながら、災難で離ればなれになってしまい、最後挨拶をする事が出来ませんでした。私達のクラブに値すべきものが手に入る事を信じています。
ファンの皆さんのおかげで、ヴォレアスを信じるという事を学びました。会えなくなると考えると寂しいです。何が起こっても、ヴォレアス北海道はいつまでも忘れませんし、これからもずっとサポートしていきます。今後のヴォレアス北海道の健闘を祈ってます。戦い続けて、元気で! 親愛なる友、本当にありがとうございました。
 こんにちは !  I wanted to start to say Arigatōgozaimashita for everything.
This season first time in my life experience fans because members of the one sports club. Voreas Hokkaido one of the club who find family spirit with all together who is believing and workin for the team.That was great feeling to experience that warm environment everything about team. I will never forget this part of my life. I feel comfortable like home from beginning of the season till end.

 So sad because we couldn’t finished season way we wanted to finish because of disaster we have now on all world.Unfortunately disaster we have recently to put us apart.We couldn’t say goodbye each other. I believe our team gets what we deserve.And i learn to believe Voreas from our fans.I will miss you my friends.
No matter what happens Voreas Hokkaido will be in my heart and support all the time.I wish good luck for future to Voreas Hokkaido keep fight and stay healthy.
Thank you for everything again my friends.

ミドルブロッカー/身長197センチ/1989年11月22日生まれ/Istanbul Beykenl University→トカット ペレディイエ ブレヴェン/トルコ出身

パワフルな攻撃で躍動したキサル

  • デサントプレゼントキャンペーン
  • ザムストお悩み解決プレゼントキャンペーン
  • かみす防災アリーナLP
  • ミズノ×月バレ WAVELIGHTNING-Z6
  • zamst×大村工高
  • zamst×金蘭会高
  • macdavid
  • ミズノREDFORJAPAN
  • ミズノママさん限定プレゼントキャンペーン
  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn