gv-logo

NBP ONLINESHOP

【男子世界バレー】第3次R/ロシア敗退。イタリア窮地に

  • 海外ニュース
  • 2018.09.28

 『男子世界バレー2018』は現地9月27日、トリノ(イタリア)にて第3次ラウンド(ファイナル6)の2日目が行われ、ネーションズリーグ初代王者のロシア敗退の衝撃が走った。

前日の敗戦のショックを引きずったか、ロシア(コート手前)は勝ち切れず

 

I組(ブラジル、ロシア、アメリカ)

アメリカのアンダーソン(コート奥)がロシアのブロックを攻略した

アメリカ 3(25-22,25-23,25-23)0 ロシア

 “うまさ”のアメリカと、“高さ”のロシア。それぞれの持ち味が存分に発揮された試合は、いずれのセットも拮抗した展開となったものの、アメリカがストレート勝ちを収めた。

 

 序盤からサイドアウトの応酬が続くも、第1セット終盤にアメリカがサーブで崩し、ダニエル・マクダネルがブロックポイントを奪う形でリード。そのままアメリカが先取する。

 

 第2セット以降、ロシアは負傷したエゴール・クリュカに代えて、期待の若手サウスポー、ビクトル・ポルタエフを先発で起用。そのポルタエフが切れ味鋭いスパイクを決める一方で、大黒柱のドミトリー・ムセルスキーも高さを生かしたブロックで存在感を見せる。

 

 だが、この試合を制したのは、アメリカの巧みな攻撃だった。セッターのマイカ・クリステンソンがボールをさばき、コントロール。ロシアの高さあるブロックに対し、マシュー・アンダーソン、アーロン・ラッセル、そして主将のテイラー・サンダーらアタッカー陣は、ときに力強く、ときにさらりと交わすように得点を重ねる。最多17得点をあげたラッセルは「空いているエリアをよく見て、決めることができたよ」と満足げ。終わってみれば、アメリカがストレートで下した。


  • ミズノREDFORJAPAN
  • ミズノママさん限定プレゼントキャンペーン
  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn