gv-logo

第72回春高/鎮西高・水町が見せた最後の姿

  • コラム
  • 2020.01.09
埼玉栄高の砂川(コート手前)と空中戦を繰り広げる

大会本番、チームメイトへの突然の告白

 

 翌日2回戦の相手は埼玉栄高。かねてから水町が「一緒にバレーボールをするのが楽しい」と言っていた、砂川や橋本が相手コートにいた。この試合の第1セット開始早々、水町はローテーションで隣に並ぶ谷に言葉を発した。

 

「やばい。バレーボールの試合で、オレ、初めて緊張している」

 

 水町とは小学生時代から中学校、JOC杯、高校と同じチームで過ごしてきた谷にとって、それは初めて耳にした言葉だった。

 

 「しかも試合中にいきなりだったので、思わず笑ってしまいました。マジか、って。

 たぶん本人も、りきんでいる自覚はあったんでしょうね。ほどよく力を抜いてくれたら調子も上がってくる、とは思ってはいましたが」(谷)

 

 谷の不安は的中し、この試合でも、りきみは取れないままだったが、水町は埼玉栄戦を「ドキドキしていました」と振り返った。ネットを挟んで友人たちと対戦する、そこには抑えきれないほどの高揚感があったのだ。

 

 そして迎えた大会3日目。3回戦では今大会出場チームのうち、レギュラーの平均身長が最も高いと評される東北高と対戦。佐藤や阿部らが、猛然とスパイクを打ち込んできた。それに対抗するように、水町も果敢にアタックに入る。フルセットにもつれた激闘は局面が進むにつれ、その顔からは疲労も見えたが、「出し切らないと東北高には勝てなかったので」(水町)と、30得点越えのパフォーマンスで勝利に導いた。

 

 試合が終わり、サブコートでは入念に体をケアする水町の姿。この日はダブルヘッダーで、続く準々決勝には優勝候補の駿台学園高との対戦が控えていた。

 

  • インターハイ2021

pagetopbtn