gv-logo

トルコを3-1で下し8勝目 ネーションズリーグ女子

  • 女子日本代表
  • 2021.06.13
TwitterFacebookLine

 

 ネーションズリーグ女子予選ラウンドはリミニ(イタリア)で6月12日(土)に10日目が行われ、日本はトルコに3-1で勝利した。通算成績は8勝2敗。この試合の前後で日本のFIVBランキングは5位から4位へと上がり、トルコは4位から5位へと下がっている。(写真:FIVB)

 

【関連記事】ネーションズリーグテレビ放送スケジュール

 

■ネーションズリーグ2021女子

10日目

日本(8勝2敗・3位) 3-1 トルコ(8勝2敗・4位)

(25-17,25-20,17-25,25-19)

 

 

日本のスターティングメンバー:石川、荒木、黒後、古賀、島村、籾井、リベロ小幡

 

 

 第1セット序盤は一進一退。その後、石川のサーブで相手を崩し、切り返しを黒後が決めるなど4連続得点で12-9とリードを奪い、さらに古賀、荒木らがスパイクを決め25-17で先取する。第2セットも7-6から籾井のサーブからチャンスを作り、黒後、石川らがスパイクを決めるなど5連続得点で11-6とリードを広げ、その勢いのままセットを連取した。

 第3セットは序盤、トルコにスパイクを連続で決められ4連続失点。その後も相手のブロックポイントや日本のミスが重なり、4-11とリードされる。荒木のブロックや古賀のスパイクで追い上げたが17-25でセットを奪い返される。

 第4セット、スタートから島村のブロード攻撃、籾井のブロックなどで連続得点を重ね9-4と先行すると、中盤にも古賀、石川のスパイクが決まり、最後は相手のスパイクミスで勝利を収めた。

 島村は試合後、「みんながタフに動けていた点が勝因だと思う。(アメリカ戦に向けては)私たちはチャレンジャーとして、アメリカにどれだけ自分の力が通用するか、楽しみにしながら臨みたい」と語った。

 

■次戦(予選ラウンド第11戦)

現地時間6月13日(日)12:00(日本時間19:00)

対戦相手:アメリカ(FIVBランキング1位/13日時点) 【10勝0敗・1位】

 

■女子日本代表現地6月12日 トルコ戦の出場14選手

※表記はOH=アウトサイドヒッター OP=オポジット MB=ミドルブロッカー S=セッター L=リベロ

<背番号/名前(所属)/身長/ポジション>

1 黒後 愛(東レ)/180cm/OH

2 古賀紗理那(NEC)/180cm/OH

3 島村春世(NEC)/182cm/MB

5 荒木絵里香(トヨタ車体)/186cm/MB ※主将

7 石井優希(久光)/180cm/OH

8 石川真佑(東レ)/173cm/OH

9 田代佳奈美(デンソー)/173cm/S

10 芥川愛加(JT)/180cm/MB

11 鍋谷友理枝(デンソー)/176cm/OH

13 奥村麻依(デンソー)/177cm/MB

14 小幡真子(JT)/164cm/L

15 井上琴絵(デンソー)/163cm/L

19 山田二千華(NEC)/184cm/MB

24 籾井あき(JT)/176cm/S

 

 

 

【関連記事】

ポーランドをフルセットで下し7勝目 ネーションズリーグ女子

カナダにストレートで勝利し6勝目 ネーションズリーグ女子

日本はオランダにストレートで敗戦 ネーションズリーグ女子

ロシアにストレート勝利で5勝目 ネーションズリーグ女子

ネーションズリーグ女子 日本は初のフルセットを制し4勝目

 

 

 

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021
  • デサントソックス開発秘話
  • AIR×西田有志タイアップ

pagetopbtn