gv-logo

ネーションズリーグ女子 日本は初のフルセットを制し4勝目

  • 女子日本代表
  • 2021.06.02
TwitterFacebookLine

 

 ネーションズリーグ女子予選ラウンドはリミニ(イタリア)で現地6月1日(日本時間2日)に予選5日目を実施。日本はイタリアをフルセットで下し、通算4勝1敗とした。FIVBランキングは日本が5位で変わらず、イタリアは試合前の9位から10位となっている。(写真:FIVB)

 

■ネーションズリーグ2021女子

第5日目

日本(4勝1敗) 3-2 イタリア(5敗)

(27-25,25-19,16-25,21-25,15-13)

 

日本のスターティングメンバー:石川、荒木、黒後、古賀、島村、籾井、リベロ小幡

 

 主力選手が出場していない地元イタリアはここまで4戦全敗。日本は前日の敗戦から切り替えて好スタートを切りたいところだったが、いきなり思い切りのよい強打を次々と決められてリードを許した。それでも徐々に落ち着きを取り戻して対応し、古賀、石川、荒木らの活躍で何とか第1、第2セットを連取。勝利まであと一歩と迫った。

 しかし第3セットはイタリアのサーブが効果を発揮。日本はミスもあってセットを失うと、後半調子を上げてきたエース、アナスタシア・グエッラに次々と強打を決められて第4セットも落とし、勝負はフルセットへともつれ込んだ。

 第5セットは石川が連続得点をあげるもシルビア・ヌワカロールの豪快なスパイクを止められず、終盤まで競り合いが続いたが、11-10から古賀、奥村の二枚ブロックでヌワカロールを止め、最後は籾井がネット際の押し合いを制して15-13。熱戦に終止符を打ち、4勝目をものにした。

 日本の最多23得点をマークした古賀は「昨日はストレートで負けており、チームとして修正して戦っていこうと話していた。その意味でも絶対に落とせない試合だった」とコメント。3連戦の最終日となる次戦ではロシアと対戦する。

 

 

■次戦(予選ラウンド第6戦)

現地時間6月2日(水)15:00(日本時間22:00)

対戦相手:ロシア(FIVBランキング7位/3日時点)

 

 

■女子日本代表現地6月1日(火)イタリア戦の出場14選手

※ポジション表記はOH=アウトサイドヒッター OP=オポジット MB=ミドルブロッカー S=セッター L=リベロ

<背番号/名前(所属)/身長/ポジション>

1 黒後 愛(東レ)/180cm/OH

2 古賀紗理那(NEC)/180cm/OH

3 島村春世(NEC)/182cm/MB

5 荒木絵里香(トヨタ車体)/186cm/MB ※主将

7 石井優希(久光)/180cm/OH

8 石川真佑(東レ)/173cm/OH

9 田代佳奈美(デンソー)/173cm/S

10 芥川愛加(JT)/180cm/MB

11 鍋谷友理枝(デンソー)/176 cm/OH

13 奥村麻依(デンソー)/177cm/MB

14 小幡真子(JT)/164cm/L

15 井上琴絵(デンソー)/163cm/L

21 林 琴奈(JT)/173cm/OH

24 籾井あき(JT)/176cm/S

 

 

 

【関連記事】

ブラジルに敗戦 ネーションズリーグ女子予選4日目

韓国に勝利し3連勝 ネーションズリーグ女子予選3日目

中国にストレートで勝利 ネーションズリーグ女子予選2日目

ネーションズリーグ女子開幕 荒木14得点でタイに快勝

ネーションズリーグテレビ放送スケジュール

 

 

 

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021

pagetopbtn