gv-logo

女子日本代表 ブラジルにストレートで敗れ2敗目

  • 女子日本代表
  • 2021.07.30
TwitterFacebookLine

 

ブラジルのサーブに苦戦した女子日本代表【写真:FIVB】

 

 

 東京2020オリンピックのバレーボール競技は有明アリーナ(東京都江東区)で7月29日(木)に女子予選ラウンド3日目が行われ、日本はブラジルに0-3のストレートで敗れ、2敗目を喫した。

 

■東京2020オリンピック 女子予選ラウンドA組  3日目

 

日本(1勝2敗) 0-3 ブラジル(3勝)

(16-25,18-25,24-26)

 

日本のスターティングメンバー:石川、荒木、黒後、石井、島村、籾井、リベロ小幡

 

 第1セット、ブラジルのG.ギマラエスらに連続で得点され、序盤から3-6とリードを許す。日本は石井やエースの黒後らが得点をあげるも、中盤から終盤にかけてもブラジルに連続得点を許し、勢いを止めることができず16-25でセットを先取される。

 

 第2セット序盤、日本は黒後がライトやバックからスパイクを決め9-9とブラジルに食らいつく。しかし直後に、ブラジルのA.ダシウバにクイックを決められるなど、2度の4連続失点で10-17と点差を広げられる。日本は黒後や石井、途中出場の林らが得点を重ねて追い上げるも、18-25でセットを連取される。

 

 第3セットはスタートから林と奥村、セッターの田代がスタメン出場。序盤、林がライトからスパイクを決めて勢いをつけると、石川も連続でスパイクを決め7-5とリードを奪う。その後も林と石井を起点として得点を重ね20-18とリードする。しかし、ブラジルのF.ロドリゲスらに連続得点をあげられ20-21と逆転を許した後、22-24から石川が連続でスパイクを決め24-24と意地をみせるが、最後はブラジルのG.ギマラエスにスパイクを決められ24-26でセットを落とし、ストレートで敗れた。

 

 

 

チームを引っ張る主将の荒木【写真:FIVB】

 

 

中田久美監督コメント

サーブに崩されて自分たちのミスが多くなり、苦しい試合展開だった。今後の課題としてはすべての精度において、詰めていかないといけないと思うが、時間がないので、もう1回気持ちを入れ替えて、明後日戦いたいと思う。

 

荒木絵里香主将コメント

この前のゲームもそうだが、(あと1点というところで)勝てないところが悔しいですし、もう少しのところが、たくさん積み重なっての負けだと思う。(予選リーグ残りの2試合に向けて)苦しい戦いが続くのは間違いないが、しっかり自分たちが今までやってきたことと、チーム一丸となって戦うことを意識して頑張りたいと思う。

 

 

■女子グループA順位

1位 セルビア     3勝0敗(勝点9)

2位 ブラジル     3勝0敗(勝点8)

3位 韓国       2勝1敗(勝点5)

4位 日本       1勝2敗(勝点3)

5位 ドミニカ共和国  0勝3敗(勝点2)

6位 ケニア       0勝3敗(勝点0)

 

 

■次戦

7月31日(土) 19時40分~(放送:TBS系列)

対戦相手: 韓国(FIVBランキング14位/30日時点)

 

ライブ配信はこちら

https://www.gorin.jp/game/VVOWTEAM6————-/

 

 

 

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021

pagetopbtn