gv-logo

インターハイ女子 下北沢成徳が優勝し、令和3年度夏の女王に輝く

  • 高校生
  • 2021.07.31
TwitterFacebookLine

 令和3年度全国高等学校総合体育大会(北信越インターハイ)女子競技大会が石川県で行われ、下北沢成徳が平成30年度の大会以来4度目の優勝を果たした。

 

 

■令和3年度全国高等学校総合体育大会(北信越インターハイ)女子競技大会 決勝

下北沢成徳 3-1 就実

(19-25,27-25,25-16,25-21)

 

 

 

高い攻撃力を見せた下北沢成徳【写真:月刊バレーボール】

 

 

 一昨年のインターハイ以来の全国大会出場となる下北沢成徳と、昨年度の春高で優勝し、インターハイ連覇がかかる就実の決勝は、攻守ともにハイレベルなプレーの応酬となった。

 

 

 第1セットは序盤から深澤めぐみ、曽我紀美のレフトからのスパイクや、要所で深澤つぐみらのセンター攻撃が機能し、就実が一度もリードを奪われることなくセットを先取。

 

 続く第2セットも就実がリードする展開だったが、中盤で下北沢成徳が佐藤彩夏、濱村ゆいらの攻撃で5連続得点し一気に逆転。終盤で就実が追いつくも、打ち合いを制した下北沢成徳がセットを奪い返した。

 

 サイドアタッカー陣の力強いスパイクが行き交った第3セット。下北沢成徳のブロックが連続で炸 さく裂し、連続得点を重ねてセットを連取。勝利に王手をかけた。

 

 第4セットは一進一退の攻防が続き、なかなか点差がつかない。しかし、中盤で下北沢成徳が3連続得点で一歩前に出ると、その点差を守り切り最後はエース谷島が幾度となく上がるトスを打ち切って、勝利をつかんだ。

 

 

 

優勝し、喜び合う下北沢成徳の選手たち【写真:月刊バレーボール】

 

 

 

【次のページ】女子決勝戦フォトギャラリー

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021

pagetopbtn