gv-logo

[イタリア21/22]第8節 2時間55分! チステルナがミラノとの死闘を制す

  • 海外ニュース
  • 2021.11.30

世界最高峰リーグと称されるイタリア・セリエAの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SERIE A』。第8節では約3時間にも及ぶ白熱した試合が行われました

(Photo:legavolley.it)

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ、C…コーチ

 

 

■チステルナが総力戦で2時間55分の激闘を勝ち切る

 [MATCH OF THE ROUND]

◆《第8節》チステルナ 3-2 ミラノ

(32-34,25-21,31-33,25-21,15-13)

(現地11/23)

 激闘の予感は第1セットから漂った。ホームのミラノが計7本のブロックポイントをあげて、セットを先取したものの、30得点を越えるジュース。第2セットはチステルナが計4本のブロックポイントで奪い返すと、続く第3セットは再び30得点越え。このセットだけで実に48分も要した。

 

<チステルナの守護神Lカバッチーニ(写真右)がボールを拾い上げる>

 

 第3セットを落としたチステルナは第4セット開始時から今季途中加入のMBトゥワン・ウィルテンブルク(オランダ)、OPペーター・ディルリッチ(クロアチア)を投入する。サーブレシーブを立て直して、反撃すると、ここから2セットを奪い勝利した。

 

<死闘の限りを尽くし、勝利を喜ぶチステルナの選手たち

 

 チーム最多得点は、ミラノから今季移籍したOHスティーブン・マー(カナダ)が最多20得点。サーブレシーブ返球率40%(35本中)のLドメニコ・カバッチーニ(イタリア)が試合のMVPに選出された。2時間55分の激闘を制したチステルナのファビオ・ソーリ監督は「(フルセットで敗れた前節の)モンツァ戦と同様に、ストレスのかかる試合にはなったが、選手たちは笑顔で戦い抜いてくれた」とメンバーを称賛した。

 

*****

 

◆《第8節》モデナ 3-2 ペルージャ

(25-22,25-12,15-25,22-25,17-15)

(現地11/24)

 両チーム合計29本のブロックポイントが飛び交った一戦。モデナが第2セットだけで8本のブロックシャットをマークしたが、ホームのペルージャも第3セットで計5本、第4セットで計6本と“ブロックデビルズ”の本領を発揮した。試合はOHイアルバン・ヌガペト(フランス)が4本のサービスエースを含む最多22得点をあげたモデナが勝利。ペルージャは今季初黒星を喫したものの、OHウィルフレド・レオン(ポーランド)が26得点と他を圧倒した。

<ペルージャの攻撃をはね返すモデナ(写真コート奥)>

 

++++

◆《第8節》ルーベ 3-0 ラヴェンナ

(25-18,25-19,25-16)

(現地11/24)

 ホームのルーベはOHマーロン・ヤント(キューバ)が最多15得点、OPガビ・ガルシア(プエルトリコ)が14得点と続いたほか、MBシモーネ・アンザーニ(イタリア)が4本のブロックポイントをあげてラヴェンナを一蹴した。

<在籍2季目のヤント(写真中央)は着々と出番を増やしつつある>

 

++++

◆《第8節》モンツァ 2-3 パドヴァ

(23-25,25-14,17-25,25-22,12-15)

(現地11/24)

フルセットになれば負けなしのパドヴァ。今節もシーソーゲームの末に勝負は第5セットに持ち込まれたが、パドヴァが競り合いを制した。OPリーヌス・べーバー(ドイツ)が5本のサービスエース、4本のブロックポイントを含む最多27得点の活躍。サーブレシーブ返球率55%(29本中)、23得点のOHマッティア・ボットロ(イタリア)が前節に続いてMVPに選ばれた。

<2試合連続でMVPに輝いたボットロ>

 

++++

◆《第8節》ヴェローナ 3-1 ビーボ・ヴァレンティア

(25-22,25-22,26-28,26-24)

(現地11/24)

 ホームのヴェローナはOHロク・モジッチ(スロベニア)が両チーム通じて最多27得点の活躍で勝利。一方、前節での負傷によりOP西田有志(日本)を欠いたビーボ・ヴァレンティアは4選手が2桁得点をあげるなど総力戦を展開するも、2連敗。

<AGSMフォーラムでは試合後に選手とファンの触れ合いも。かつての日常が戻りつつある証しだ>

 

++++

◆《第8節》ターラント 1-3 トレンティーノ

(23-25,27-25,18-25,19-25)

(現地11/24)

 休息週を挟んだターラントは強敵をホームに迎えての一戦。MBガブリエレ・ディマルティーノ(イタリア)がチーム最多4本のブロックポイントをあげるなど奮闘したが、OPダニエレ・ラビア(イタリア)の22得点を筆頭に4選手が2桁得点をマークしたトレンティーノに屈した。

<トレンティーノは取りこぼしなく勝ち点3をゲット>

 

++++

◆《第8節》休息チーム:ピアチェンツァ

 

イタリア・セリエA レギュラーシーズン

==順位表/第8節終了時点==

1 ルーベ 82(勝ち点25)-

2 トレンティーノ 73(勝ち点22)-

3 ペルージャ 61(勝ち点19)-

4 モンツァ 54(勝ち点16)-

5 ピアチェンツァ 53(勝ち点14)-

6 パドヴァ 52(勝ち点11)-

7 モデナ 43(勝ち点11)-

8 ミラノ 34(勝ち点10)-

9 チステルナ 34(勝ち点9)-

10 ターラント 26(勝ち点7)-

11 ビーボ・ヴァレンティア 26(勝ち点6)-

12 ヴェローナ 25(勝ち点5)-

13 ラヴェンナ 0勝9敗(勝ち点1)-

※勝敗数(勝ち点)記号は前節からの推移

 

〔責任編集:GUCII(坂口功将/編集部)〕

  • インターハイ2021

pagetopbtn