gv-logo

定期購読

石井優希×就実高 いつまでも基本に忠実に  リモトーーク!【月バレ2021年3月号】

  • V1
  • 2022.01.03

 第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)はいよいよ2022年1月5日(水)に開幕を迎える。前回大会では就実高(岡山)がノーシードから25年ぶりの選手権優勝を手にした。月刊バレーボール2021年3月号では、コロナ禍でプレーする現役部員にOBやOGからリモート上でエールを送ってもらう『リモトーーク!』特別編で、就実高OGで日本代表でも活躍する石井優希選手(久光スプリングス)から選手たちへエールを送ってもらった。石井選手が高校で学んだ大切な教えを母校の選手に伝えた企画を再掲載する。※過去誌面の文中の所属・チーム名・学年は当時のまま

 

――――――

 

 

――選手の皆さん、優勝おめでとうございます。石井選手も祝福のツイートをされていましたね

 

 

 

石井 決勝は録画していて、練習終わりに通しで見ました。ツイートに「ツインズ」って書いちゃったけど、ちゃんと名前を書いたほうがよかったですよね。ファンからご指摘いただいて(笑) おふたりのプレーはめっちゃよかったです。レベルが高いなと思いました。

 

深澤めぐみ(以下めぐ) すごい方なのに自分たちのことを知ってくれていて、すごくうれしかったです。

 

深澤つぐみ(以下つぐ) こんなすごい方のTwitterに自分たちの名前が挙がっていいのか、という気持ちでした。

 

――周田選手のことは「お気に入り」と書いていました

 

石井 雰囲気ですね。性格はわからないけど、ほんわかしてそうな感じでかわいいな、と思っていました(笑) もちろんプレーも何でもこなせてうまいです。

 

周田夏紀(以下周田) ツイートを見たときはうれしすぎて、手汗とかやばかったです(笑)

 

石井 かわいい(笑)

 

Q1 高校生のときに、いちばんきつかった練習メニューは何ですか?(周田)

 

石井 「タイム」という練習です。今もそう言う?

 

周田 言います。

 

石井 タイムがほんとうに大嫌いで。(学校の近くにある)岡山後楽園の周囲2㎞を8分以内で走って、制限時間を切れなかった人はもう一本という練習メニュー。まぁ、バレーじゃないんだけど(笑) それが嫌いで、一本で終わらせるために猛ダッシュで頑張っていました。

 

周田 私もダントツでその2㎞アップがきついと思います(笑)

 

石井 そうだよね(笑) 最初はわからなかったので、先輩についていくのにがむしゃらでした。でも、3年生のときはキャプテンをやらせてもらったし、自分は切らなきゃという意志だけ固めていました(笑)

 

周田 スタート地点についたら、おなかが痛くなっちゃうぐらい緊張して(笑) ほんとうにきつかったんですけど、8分を切れなかったら追加になってしまうので、死に物狂いで走りました。

 

めぐ 最初のころは、2㎞がどれくらいの長さかわからなくて、1本目は緊張していたんですけど、今は「いくよ」って言われたら、もう心を〝無〞にするっていうか。何も考えずに走っています。

 

全員 (笑)

 

石井 私も走っていたときは〝無〞じゃないかな…(笑) マネジャーがタイムを計ってくれるんですけど、「もうちょっと待って」ってスタートを遅らせてもらったこともありました。でも、結局やらないといけないので。誰かが「もういいから、やるよ!」と言って走っていました。しかも後楽園だから、周りの景色が全部一緒なんですよ。ゴールが見えない、先が読めない感じが余計しんどかったです。

 

周田 ダッシュじゃないとほんとうに8分を切れないくらいで、ちょっと気を抜いたらすぐにタイムが落ちてしまいます。試合がないときは結構走るんですけど、この(取材の)あともランニングでみんなドキドキしています(笑) 

 

石井 ええっ! 多く走っていた時期もあったけど、聞いている感じでは今の子たちの方が走ってそうだね(笑) タイムは自分との闘いなので、あきらめようと思ったらいつでもあきらめられます。でもそれをやり抜くことが、勝負どころの大事な場面や相手に試合でリードされたときの精神面にもつながるので、嫌でしたけどいい練習メニューだったと思います。

 

周田 苦しい場面になったときに、あのキツいランニングも乗り越えられたから大丈夫だと思えるくらいのメニューなので、乗り越えた達成感が精神面にもプラスになります。体力がついて走れるようになって、ラリーでのしんどさが変わってきたり、ブロード攻撃で走ってジャンプするのが何回やっても疲れなくなったり。バレーにも直接生かされていると思います。

 

2㎞走に取り組む周田(写真中央)。歴代の卒業生もこのメニューを乗り越え、力をつけてきた(写真は2019年のもの)

 

pagetopbtn