gv-logo

定期購読

圧倒的な高さを武器に東山はストレートで3回戦へ【春高2023】

  • 学生バレー
  • 2023.01.05

 

 

2023年1月4日(水)から1月8日(日)、東京体育館(渋谷区)で第75回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高)が開催。大会2日目の5日(木)は男子2回戦が実施され、インターハイ王者の東山(京都)と、とわの森三愛(北海道)が対戦した。

 

 

東山(京都)

 

昨年のインターハイ、失セット0という快進撃で初優勝を遂げた東山の強さは高さにある。180㎝を超える選手がそろうチームで、さらに頭一つ抜けた高さを持つ207㎝の#2麻野堅斗を擁している。対するとわの森三愛は平均身長で約10㎝劣るものの、身長差を感じさせないエネルギッシュなプレーで、試合では序盤から東山に食らいついた。

 

東山は1セット目、攻撃を決めるたびに上がっていくときわの森三愛のボルテージに押され、試合の流れをつかみ切れない様子。しっかりとコースをついてくるときわの森三愛の攻撃に対して、レシーバーの足が止まる場面が目立つ。前後に打ち分けるとわの森三愛のうまいサーブも効いて、東山はレシーブが思うようにセッターに返らず苦戦する。しかし、東山#3尾藤大輝や、#2麻野などが得点して、完全に相手の流れにすることを阻止して均衡を保つ。

 

20点台突入してすぐ、とわの森三愛は#7松原譲が東山のエース#3尾藤のバックアタックを止めてリード。とわの森のボルテージが上がり、加速しそうなところで、東山の松永理生監督はついにタイムアウトを要求。選手に「いつもどおり」と声をかけ、再度コートに送り出した。その直後のプレーで、バックアタックを止められた#3尾藤が今度は決めきりチームに流れを呼び戻すと、相手のミスにも助けられてそのまま25-21でセット終了。

 

2セット目、東山のセッター#7當麻理人は、序盤から#2麻野を積極的に使用。#2麻野が得意とするBクイックを上げて、速いリズムの攻撃が決まり出すと東山がすぐにペースをつかんだ。一方、とわの森三愛は東山の高いブロックを意識しだしたのか、スパイクがアウトになるミスを連続。徐々に要の守備も崩れて、とわの森三愛は1セット目の勢いは失速。

 

こうなると、東山は攻撃の手を緩めず畳みかける。今試合で#6勝山翔太の代わりにスターティングメンバ―に抜擢されていた#10藤原翔吾が要所でスパイクを決めるなど活躍を見せ、20-8まで一気に試合を進めた。東山が23点まで試合を進めたとき、とわの森三愛のエース#8木村綜太がスパイク、サービスエースなどを決めて最後の意地を見せるも、東山が勝ち切り25-12の大差で試合終了。ストレート勝ちで3回戦へと駒を進めた。

 

【関連記事】

全国二冠を目指す東山 鎮西高らライバル撃破へつかんだ手がかり【春高出場校の天皇杯④】

 

開智が聖隷クリストファーをフルセットで下して2回戦進出【春高2023】

 

世代No.1エースの舛本や日本代表の麻野ら今大会必見の10人【2023春高(男子)】

 

【春の高校バレー2023特設サイトに行く】

 

【次ページ】東山(京都)vs.とわの森三愛(北海道)その他の写真

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn