gv-logo

定期購読

[イタリア21/22]第23節 ジャイアントキリング! チステルナがモデナを撃破

  • 海外ニュース
  • 2022.03.03

世界最高峰リーグと称されるイタリア・セリエAの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SERIE A』。2021/22シーズン第23節(後半第10節)では文字どおりのジャイアントキリングが!!

(Photo:legavolley.it)

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ、C…コーチ

 

 

3選手が20得点越え。チステルナが敵地でモデナとのフルセットを制する

 [MATCH OF THE ROUND]

◆《第23節》チステルナ 3-2 モデナ

(33-31,25-12,19-25,17-25,15-8)

(現地2/26)

 この日、アリーナには約3000人の観客が駆けつけたが、おそらく大半はホームチームのモデナがお目当てだったはず。それだけに、内容・結果はいずれも衝撃的だった。なぜなら勝利したのは、アウェーのチステルナだったからだ。まず、大接戦を制して第1セットを先取すると、続けざまに3本のサービスエースに5本のブロックシャットを浴びせ、大差で第2セットを獲得する。

<モデナのヌガペト(写真コート奥)は精彩を欠いた>

 

 もちろんモデナも黙っておらず、第3セット開始時からOHイアルバン・ヌガペト(フランス)をOHマールテン・ファンハルデレン(オランダ)に、MBダニエレ・マッツォーネ(イタリア)をMBジョバンニ・サンギネッティ(イタリア)に交代して反撃。常にリードする展開で、セットカウントをタイに戻す。モデナにとっては、ここまでは織り込み済みだったはず。前回対戦時(前半第10節)も2セットダウンから逆転勝利を収めている。

 

 そうして迎えた最終第5セットは先にモデナが8点に到達してコートチェンジ。しかし、OHトマッソ・リナルディ(イタリア)がアンストッパブルな活躍を見せて7-8から一気に8連続得点を奪い、チステルナが劇的な勝利を収めた。

<ドラマチックな勝利の立役者となった⑨リナルディ>

 

 リナルディは6本のサービスエースを含むチーム最多24得点をマーク。OHスティーブン・マー(カナダ)が21得点、OPペータル・ディリッチ(クロアチア)が4本のブロックポイントを含む20得点と続いた。Sミケレ・バラノビッチ(イタリア)は「組織と個々が力を発揮してみせた、ほんとうに素晴らしい戦いでした」と胸を張った。

 

*****

 

◆《第24節》ペルージャ 3-1 ピアチェンツァ

(25-18,19-25,29-27,25-20)

(現地2/23)

 アウェーのピアチェンツァはMBエンリコ・チェステル(イタリア)の最多4本を筆頭にチーム計13本のブロックポイントをマークするも、最後はペルージャの攻撃力が上回る。ペルージャはOHウィルフレド・レオン(ポーランド)が最多17得点、OPカミル・リキリチ(ルクセンブルク)が16得点と続いた。

<ペルージャのベテランSドラガン・トラビカ(イタリア/写真中央)が吠える>

 

++++

《第24節》ペルージャ 3-0 ビーボ・ヴァレンティア

(27-25,25-21,25-23)

(現地2/27)

 第1セットは終盤までリードを許しながら、しっかりとひっくり返してみせたペルージャは勝負どころで確実に得点する試合運びでストレート勝ち。OPカミル・リキリチ(ルクセンブルク)がチーム最多18得点をあげて、試合のMVPに輝いた。なお、敗れたビーボ・ヴァレンティアだが、OP西田有志(日本)が両チーム通じて最多、唯一の20得点をマークしている。

<ペルージャのリキリチ(写真右端)がバックライトからアタックを仕掛ける>

 

++++

◆《第17節》トレンティーノ 3-1 パドヴァ

(27-25,25-16,20-25,25-21)

(現地2/22)

 パドヴァとの前回対戦時(前半第4節)ではフルセットの末に敗れていたトレンティーノ。この日は計13本のサービスエースを許したものの、OHマテイ・カジースキ(ブルガリア)が17得点、OHアレッサンドロ・ミケレット(イタリア)が16得点、と両エースの活躍もあり、しっかりとリベンジを果たしてみせた。

<パドヴァのPHマッティア・ボットロ(イタリア/写真コート奥中央)は4本のサービスエースに3本のブロックポイントに、と奮闘>

 

++++

◆《第23節》ミラノ 3-0 パドヴァ

(25-18,25-20,25-22)

(現地2/27)

 日本人選手所属チームどうしの対決として注目された一戦は、OH石川祐希(日本)のミラノに軍配。MBマッテオ・ピアノ(イタリア)が両チーム通して最多4本のブロックポイント、OPジャン・パトリ(フランス)が14得点をあげた。なお、パドヴァのOH髙橋藍(日本)はリベロとしてフル出場を果たし、サーブレシーブ返球率43%(21本中)の成績を残している。

<パドヴァはOPリーヌス・べーバー(ドイツ/写真コート奥左端)を中心に食らいつくも力負け>

 

++++

◆《第23節》トレンティーノ 3-1 ピアチェンツァ

(23-25,25-15,25-17,25-14)

(現地2/27)

 トレンティーノはOHアレッサンドロ・ミケレット(イタリア)が5本のサービスエース、OPダニエレ・ラビア(イタリア)が両チーム通して最多22得点をあげて、逆転勝利を収める。第1セットを先取しながら敗れたピアチェンツァは、これが今一つ波に慣れていない証しか、今季初の3連敗となった。

<ミケレット(写真コート奥右端)はアタックでも高い決定力を見せつけた>

 

++++

◆《第23節》ヴェローナ 3-1 ラヴェンナ

(25-21,25-15,24-26,25-20)

(現地2/26)

 いよいよ今季全敗も見えてきたラヴェンナはこの試合、登録13名のうち12名がコートに立つなど、あの手この手で勝機を探る。が、ヴェローナのMBジョナス・アゲニエ(フランス)に最多6本のブロックシャット、OPマッズ・エンセン(デンマーク)に4本のサービスエースを許すなど、またしても白星は遠かった。

<ラヴェンナのエマニュエレ・ザニーニ監督(写真左)も試行錯誤を重ねているが…>

 

++++

◆《第23節》ルーベ 3-0 ターラント

(28-26,25-19,25-23)

(現地2/27)

 後半戦に入ってから無敗街道を突き進むルーベは今節も盤石の試合運び。OPイバン・ザイツェフ(イタリア)が最多16得点、OHマーロン・ヤント(キューバ)が15得点、MBロベルランディ・シモン(キューバ)が13得点と続き、7連勝とした。

<会場では、ロシアの軍事進攻に対して「STOP WAR IN UKRAINE」の文字を掲げ反戦を訴えた>

 

++++

◆《第23節》休息チーム:モンツァ

 

イタリア・セリエA レギュラーシーズン

==順位表/第23節終了時点==

1 ペルージャ 202(勝ち点61)-

2 ルーベ 163(勝ち点48)-

3 トレンティーノ 156(勝ち点48)-

4 モデナ 155(勝ち点42)-

5 ミラノ 129(勝ち点37)-

6 モンツァ 1111(勝ち点31)-

7 ピアチェンツァ 912(勝ち点28)-

8 ヴェローナ 912(勝ち点24)▲

9 チステルナ 813(勝ち点24)-

10 ターラント 715(勝ち点23)▲

11 ビーボ・ヴァレンティア 714(勝ち点22)▼

12 パドヴァ 814(勝ち点21)-

13 ラヴェンナ 0勝21敗(勝ち点2)-

※勝敗数(勝ち点)記号は前節からの推移

 

〔責任編集:GUCII(坂口功将/編集部)〕

pagetopbtn