gv-logo

定期購読

[イタリア21/22]第25節 パドヴァが6戦ぶり白星 髙橋藍vs.西田有志の一戦

  • 海外ニュース
  • 2022.03.17

世界最高峰リーグと称されるイタリア・セリエAの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SERIE A』。2021/22シーズン第25節(後半第12節)は注目の日本人選手対決が行われました。その一戦から!!

(Photo:legavolley.it)

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ、C…コーチ

 

 

ホームの歓声を受けてパドヴァが連敗ストップ。ベーバーが最多24得点

 [MATCH OF THE ROUND]

◆《第25節》パドヴァ 3-1 ビーボ・ヴァレンティア

(22-25,25-22,25-21,25-22)

(現地3/13)

ビーボ・ヴァレンティアにはOP西田有志(日本)、パドヴァにはOH髙橋藍(日本)が所属していることから、“ジャポーネ・ダービー”と銘打たれた一戦。両者の直接対決は注目を集めたが、一方で、両チームとも2部降格の当落線上にいるとあって、緊張感も漂う試合となった。

<②西田もコンスタントの得点を重ねた>

 

 先手を奪ったのはアウェーのビーボ・ヴァレンティアで、パドヴァに計4本のサービスエースを許しながらも第1セットを先取する。だが、次第にサーブレシーブが乱れると、思うような攻撃を展開できず。対するパドヴァは、ホームの声援を受けながら、OHエリック・レプキー(カナダ)とOPリーヌス・ベーバー(ドイツ)が中心となって得点を重ねる。

 

 パドヴァはSヤン・ツィンマーマン(ドイツ)が積極的にセンターエリアからの攻撃を絡めながらリズムに乗ると、セットの終盤ではベーバーが決定力の高さを見せる。ベーバーが最多24得点、レプキーが17得点と続き逆転勝利。連敗を5で止め、降格圏への一歩手前でとどまった。

<試合のMVPに輝いた、パドヴァの④レプキー>

 

 なお、西田は3本のサービスエースを含むチーム最多22得点。前節に続いてリベロで出場した髙橋はサーブレシーブ返球率53%(15本中)。時折、西田のサーブを髙橋がレシーブする場面も見られた。

 

☆この試合の模様(アーカイブ)は「VOLLEYBALL TV」で、初の日本語実況で視聴できます(解説は「WEEKLY SERIE A」の責任編集、GUCIIです)☆

https://www.volleyballworld.tv/home

*****

 

◆《第18節》モデナ 3-1 ラヴェンナ

(25-16,26-24,19-25,25-17)

(現地3/9)

未実施だった第18節(後半第5節)はホームのモデナが戦力を温存させながらも勝利。OPニミル・アブデルアジズ(オランダ)が最多22得点をあげた一方で、OHマールテン・ファンハルデレン(オランダ)が18得点、OHスワン・ヌガペト(フランス)が13得点と続いた。

<これまで出場機会の少なかった③ファンハルデレンや⑧S・ヌガペト<左から2番目>らがコートに>

 

++++

◆《第25節》チステルナ 3-1 ラヴェンナ

(20-25,25-11,25-21,25-19)

(現地3/13)

 今節がレギュラーシーズン最終戦となるラヴェンナ。全敗に王手がかかった一戦は、チームのサーブレシーブ返球率18%と薄氷の上を歩くような戦いぶりながら第1セットを先取する。だが、健闘はここまで。第2セット以降は各セットで、計6本、7本、5本とブロックシャットを浴びて逆転負け。未勝利での降格となり、来季は2部からの古豪復活を目指す。

<ラヴェンナのOP⑬ニエル・クラプウィク<右端>はチーム最多21得点と気を吐いた>

 

++++

◆《第25節》ターラント 3-1 モデナ

(25-21,23-25,25-17,25-19)

(現地3/13)

 OHイオアンディ・レアル(ブラジル)が20得点、OHイアルバン・ヌガペト(フランス)が16得点と続いたモデナを相手に、ホームのターラントは一歩も譲らず。OPトマッソ・リナルディとOHルイジ・ランダッツォ(ともにイタリア)が20得点と並び、守ってはMBガブリエレ・ディマルティーノ(イタリア)が最多5本のブロックポイントをマークする。勝利を収め、スーペルリーガ昇格1年目での残留を確実なものとした。

<ターラント<奥>は計14本のブロックポイントでモデナをはね返した>

 

++++

◆《第25節》ピアチェンツァ 3-0 ヴェローナ

(25-19,25-23,25-20)

(現地3/10)

 1週間前のコッパイタリアでは準決勝敗退を喫したピアチェンツァ。リーグ戦への再出発を切る今節はOPアディス・ラグンジラ(トルコ)が最多20得点、OHフランチェスコ・レチネ(イタリア)が4本のブロックポイントを含む14得点と続き、勝利を収めた。

<バスケットボールシューズのエアジョーダン36を履いてプレーするラグンジラ>

 

++++

◆《第17節》ルーベ 3-1 ヴェローナ

(25-14,23-25,25-20,25-18)

(現地3/12)

 未実施だった第17節(後半第4節)はアウェーのルーベが、OPイバン・ザイツェフ(イタリア)のサービスエース5本を含む26得点の大暴れもあり、勝ち点3を獲得する。ホームのヴェローナは今季のポイントゲッター、OHロク・モジッチ(スロベニア)が第2セットまでで8得点と沈黙したのが痛かった。

<1932名の観客の前で、圧倒的なパフォーマンスを披露した⑨ザイツェフ>

 

++++

◆《第25節》ペルージャ 3-1 モンツァ

(25-21,30-32,25-23,25-22)

(現地3/13)

 コッパイタリアを制覇したペルージャは勢いそのままに、アウェーに乗り込んだ今節も勝利を収める。モンツァのOPジェルジ・グロゼル(ドイツ)に最多29得点をマークされながらも、チーム計16本のブロックポイントをマーク。OHテイス・テルホルスト(オランダ)がチーム最多26得点をあげて、試合のMVPに輝いた。

<モンツァ<奥>は⑤テルホルストのアタックを止めることができず>

 

++++

◆《第25節》トレンティーノ 3-2 ミラノ

(28-30,25-21,25-20,23-25,15-9)

(現地3/13)

 コッパイタリア準決勝に続いて、1週間またぎで同一カードとなったトレンティーノvs.ミラノ。リベンジを果たしたいミラノは先発で起用されたOPユーリ・ロマノ(イタリア)が最多25得点、OH石川祐希(日本)が16得点、MBバルテレミ・シネニエズ(フランス)が最多4本と続き、フルセットの熱戦を演じる。だが、あと一歩が及ばず。勝利したトレンティーノはOHアレッサンドロ・ミケレット(イタリア)が5本のブロックポイントに4本のサービスエースを含む最多27得点の大活躍を見せて、堂々のMVPに選出された。

<ミラノの⑦ロマノ<右から2番目>は力強いプレーで得点を重ねた>

 

++++

◆《第25節》休息チーム:ルーベ

 

イタリア・セリエA レギュラーシーズン

==順位表/第25節終了時点==

1 ペルージャ 212(勝ち点64)-

2 ルーベ 184(勝ち点54)-

3 トレンティーノ 176(勝ち点53)-

4 モデナ 176(勝ち点48)-

5 ミラノ 1210(勝ち点38)-

6 ピアチェンツァ 1112(勝ち点34)▲

7 モンツァ 1112(勝ち点31)▼

8 チステルナ 914(勝ち点27)▲

9 ターラント 815(勝ち点26)▲

10 パドヴァ 914(勝ち点24)▲

11 ヴェローナ 914(勝ち点24)▼

12 ビーボ・ヴァレンティア 716(勝ち点22)▼

13 ラヴェンナ 0勝24敗(勝ち点2)-

※勝敗数(勝ち点)記号は3月5日終了時点からの推移

 

〔責任編集:GUCII(坂口功将/編集部)〕

 

 

【関連記事】

大塚達宣(パナソニック)ベストパンサー率は40%超え! ファイナルステージ進出へ重圧も楽しむ

「自分からいいですか?」前嶋悠仁が憧れの浅野博亮さんに聞きたかったこと

パナソニックパンサーズ 大塚達宣のジュニア時代を恩師が振り返る「チームを引っ張れる選手だった」

 

 

 

pagetopbtn