gv-logo

定期購読

3月22日開幕のさくらバレー 駿台学園(東京)、星城(愛知)ら男子注目校をチェック

  • 高校生
  • 2022.03.21

 

 さくらバレー(全国私立高等学校男女選手権大会)が3年ぶりに帰ってくる。私立高校の日本一を決める第27回全国私立高等学校男女選手権大会(さくらバレー)が3月22日(火)から25(金)に東京・神奈川の各会場で開催される。新型コロナウイルスの影響で過去2大会が中止となっていたが、密を避けるために出場チームを従来の男女各80チームから今大会は各48チームに削減、感染症対策を実施し、無観客での開催となる。

 

 入学前の新1年生も出場し、新年度の勢力図を占うこの大会。今回は男子注目チームをチェック。

 

【フォトギャラリー】佐藤、細川、伊藤ら男子注目チームの選手たち

 

 2019年の前回大会(第24回)優勝校で、近年全国大会で結果を残し続ける駿台学園(東京)は、今大会も注目校の一つだ。昨年度の春高予選準決勝では、本戦に出場した東海大菅生を相手に1、2年生中心チームでストレート勝ちするなど、選手層の厚さは全国屈指。中でも注目はエースの佐藤遥斗(新3年)だ。中学時代は全日本中学生選抜として日の丸を背負い、昨夏のインターハイ決勝ではチーム最多得点をマークした。4大会連続全国準優勝(国体を含む)で迎えた今年1月の春高ではベスト16に終わっており、初タイトルへの思いも強い。

 

 新3年生世代で、将来が楽しみな大型選手がそろうのが星城(愛知)。身長198㎝の細川晃介(新3年)と、194㎝のサウスポー伊藤蒼眞(新3年)は、佐藤とともに日の丸を背負った経験があり、高校でも下級生時から活躍してきた。さらに、中根聡太監督も期待を寄せる身長188㎝の東怜佑(新3年)も攻守でチームに欠かせない存在。先輩たちが抜け、最上級生になった高身長トリオが、精神面でもチームを引っ張れるか。

 

 ここ2年間、全国大会には届かなかったものの、宮城県新人大会で3年ぶりの優勝を飾った東北(宮城)は、エースの安食浩士(新3年)に注目。広角に打ち込むスパイクと、威力のあるサーブが持ち味で、得点後には力強いガッツポーズで味方を鼓舞する。佐藤らとともに全日本中学選抜でプレーした小山暖人(新3年)キャプテンとともに、復活を印象付ける大会にしたい。

 

 メンバーがガラリと変わり、新たなチームスタイルが見られるのもさくらバレーのだいご味。今年の春高で初優勝した日本航空(山梨)は、リベロの伊東昌輝(新3年)と、ミドルブロッカーの渡邉健(新3年)以外、そして昨夏のインターハイベスト4の清風(大阪)は城戸健太郎(新3年)以外がメンバーチェンジ。新戦力の加入による化学反応に注目だ。

 

 ほかにも、開智(和歌山)や福井工大附福井(福井)、洛南(京都)といった全国にその名を轟かせるチームはもちろん、2021年度は全国大会に届かなかったが、大同大大同(愛知)、早稲田実(東京)、慶應義塾(神奈川)、福岡大附大濠(福岡)といった強豪からも目が離せない。

 

文/田中風太 写真/石塚康隆(NBP)、編集部、平野敬久、魚住貴弘

 

【大会スケジュール】

3月22日(火) 代表者会議

3月23日(水) 予選リーグ

3月24日(木) 予選トーナメント

3月25日(金) 準々決勝・準決勝・決勝・閉会式

※準決勝・決勝は毎日新聞さくらバレー2022サイト(https://mainichi.jp/sakura-volley/2022)にてライブ配信を予定

 

【関連記事】

さくらバレーで活躍したVリーガーたち

 

【アシックス】この春、バレーボールを始めるあなたのための新シューズ【プレゼントあり】

 

渕江中のマネジャー野口晃生 選手から転向し全国制覇を支えた

 

【フォトギャラリー】佐藤、細川、伊藤ら男子注目チームの選手たち

pagetopbtn