gv-logo

定期購読

女子世界選手権 日本は中国、ブラジルなどと同組 第1次ラウンド組み合わせ決定

  • 女子日本代表
  • 2022.03.23

 

2018年に行われた世界選手権では6位で大会を終えた女子日本代表【写真:平野敬久】

 

 2022女子世界選手権第1次ラウンドの組み合わせ抽選会が3月17日(木)にローザンヌ(スイス)で行われ、組分けと対戦カードが決定した。女子日本代表は、ブラジル、中国、コロンビア、アルゼンチン、チェコと同じD組に入った。今大会は2022年9月23日(金・祝)から10月15日(土)までオランダ、ポーランドで共同開催される。

 

 今回は従来と異なり、出場24チームを6チームずつ4組のプールに分けて第1次ラウンドが行われ、各組の最終成績上位4チーム(計16チーム)が第2次ラウンドに進出する。

 

 また大会史上初めて、24チームすべてが第1次ラウンド初戦をオランダのアーネムで戦い、その後、各開催都市に移る方式となる。日本の入ったD組はアーネムで第1次ラウンドの全試合を戦う。

 

 なお昨年9月21日(火)に発表された出場チームにはVFR(ロシアバレーボール連盟)がFIVB世界ランキング枠で出場権を獲得していたが、VFRの欠場に伴い、FIVB世界ランキングで出場権を獲得できなかったチームのうち、最上位のクロアチア(同ランキング24位)が繰り上げで出場することも発表された。

 

 

第1次ラウンドの組分けと開催都市は下記の通り。

チーム

開催都市

A

オランダ(10位・開催国)

アーネム
(オランダ)

イタリア(6位)

ベルギー(13位)

プエルトリコ(17位)

カメルーン(20位)

ケニア(28位)

B

ポーランド(12位・開催国)

アーネム
(オランダ)
グダニスク
(ポーランド)

トルコ(4位)

ドミニカ共和国(7位)

韓国(14位)

タイ(19位)

クロアチア(24位)

C

アメリカ(1位)

アーネム
(オランダ)
ウッチ
(ポーランド)

セルビア(5位)

ドイツ(11位)

ブルガリア(15位)

カナダ(18位)

カザフスタン(23位)

D

ブラジル(2位)

アーネム
(オランダ)

中国(3位)

日本(9位)

コロンビア(16位)

アルゼンチン(21位)

チェコ(22位)

( )内は出場チーム決定時のFIVB世界ランキング

 

対戦順など競技日程の詳細については、後日FIVBより発表される予定

 

 

【関連記事】

眞鍋新監督が会見「新しい女子日本代表のオリジナルを追及していきたい」

 

東京2020オリンピック女子日本代表チーム12人を発表

 

日本代表国際親善試合~東京チャレンジ2021~女子登録メンバー18人が発表

 

 

 

pagetopbtn