gv-logo

[ポーランド21/22]第24節 関田誠大のルビンは昨季王者に敗れる

  • 海外ニュース
  • 2022.03.22

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jastrzębski Węgiel(@klubjw)がシェアした投稿

 昨季王者のヤストセブスキはセッターのパンジャマン・ㇳニウッティ、オポジットのステファン・ボワイエ、アウトサイドヒッターのトレボール・クレブノら東京2020オリンピック金メダリストの面々がずらりと並ぶ。ルビンは第1セットを先取されながらも、第2セットは開始から3-0とリードを奪うと、17-14から3連続得点をあげて、セット獲得を決定的なものにする。セットカウントをタイに戻したが、以降はヤストセブスキのペースで試合が進み、ルビンは第4セット、落としたものの3-3から関田がサービスエースを決める場面も見られた。

 

 関田はフル出場。ルビンはミドルブロッカーのパベウ・ピエトラスコ(ポーランド)が両チーム通して最多9本のブロックポイントを含む12得点をあげるとともに、計5選手が2桁得点をあげるなど総力戦で強敵に立ち向かった。

 

≪ルビン 戦績≫ 7勝17敗(24ポイント)…11位/14チーム中

第1節(10/4) vs.ベウハトゥフ ●1-3

第2節(10/8) vs.ワルシャワ ●1-3

第3節(10/17) vs.グダンスク ●0-3

第4節(10/25) vs.スヴァウキ 〇3-0 ★関田MVP

第5節(10/28) vs.ザビエルチェ ●2-3

第6節(11/6) vs.カトヴィツェ 〇3-1

第7節(11/15) vs.オルシュテン ●0-3

第8節(11/21) vs.ルブリン ●2-3

第9節(11/29) vs.ラドム ●2-3

第10節(12/5) vs.ニサ 〇3-1

第11節(12/11) vs.ヤストセブスキ ●0-3

第12節(12/19) vs.ケンジェジン-コジエ ●1-3

第13節(12/30) vs.ジェシェフ ●1-3

第14節(1/4) vs.ベウハトゥフ ●1-3

第16節(1/14) vs.グダンスク ○3-1

第17節(1/23) vs.スヴァウキ ●1-3

第18節(1/27) vs.ザビエルチェ ●2-3

第19節(2/6) vs.カトヴィツェ ●2-3

第20節(2/12) vs.オルシュテン ●0-3

第21節(2/18) vs.ルブリン 〇3-2

第15節(3/2) vs.ワルシャワ ●1-3

第22節(3/6) vs.ラドム 〇3-2

第23節(3/12) vs.ニサ 〇3-0

第24節(3/20) vs.ヤストセブスキ ●1-3

 

【プハール・ポルスキ2022(カップ戦)】

ベスト32ラウンド(12/22) vs. ビドゴシュチュ 〇3-1

ベスト16ラウンド(1/19) vs.グダンスク ●1-3

 

 

【関連リンク】

FISUワールドユニバーシティゲームズ 第2回女子選抜候補選考合宿を開催

FISUワールドユニバーシティゲームズ男子日本代表候補22人

東レ女子 比金有紀の内定を発表

アランマーレ 有薗未也美の入団を発表

ヴィクトリーナ姫路 吉﨑ひなの加入を発表

 

 

 

  • インターハイ2021

pagetopbtn