gv-logo

高い攻撃力をもったWD名古屋とサントリーがぶつかり合う
【男子ファイナル第2戦展望】

  • V1
  • 2022.04.16

 

 次に4月10日(日)に行われたファイナル第1戦における直接対決での数字も見てみよう。

 

項目

WD名古屋

サントリー

アタック決定率

59.2%

44.7%

バックアタック決定率

63.6%

55.0%

1セットあたりのブロック決定本数

2.33

2.00%

サーブ効果率

11.5%

1.8%

サーブレシーブ成功率

61.3%

49.1%

※太字は相手チームを上回った項目

 

 試合はWD名古屋が3-0(25-19, 28-26, 25-21)で勝利し、各項目でサントリーを上回る数字を記録。サントリーはWD名古屋にサーブ効果率11.5%を許したことから(サーブレシーブ成功率は49.1%)、本来の高い攻撃力を発揮できず、対して自分たちのサーブも効果率1.8%とWD名古屋を崩すことができなかったため苦しい戦いを強いられた。また、前日に行われたファイナル3においてフルセットとゴールデンセットの計6セットを戦っていたため、体力的には難しい状況だったことも考えられる。

 

第1戦は苦しい戦いとなったサントリー

 

 サントリーの山村監督は試合後「WD名古屋はすべてのパフォーマンス、スキルにおいて高いレベルで実現できている印象。我々も対策や、疲れのコントロールも含め、難しい状況だったのは間違いないが、それらを差し引いても(WD名古屋の)強さを感じた。来週もう一度チャンスをつかみたい」とコメントしており、第2戦までの1週間で態勢の回復を図る。また柳田選手は「サーブがリベロの小川選手にどんどん入ってしまった。もっと思い切って打ってもよかったと思う。(ボールを)コートに入れれば崩せるくらいの自信を持ったサーブを打てるようにしたい」と反省を述べた。

 

 WD名古屋のクレク主将は「サントリーにはムセルスキー選手、柳田選手、藤中選手という素晴らしい選手がいるが、いつもより少し彼らに仕事をさせないことができた」と語り、サントリーの攻撃陣へ対策がうまく運んだことを明かした。第2戦ではサントリーも対策を講じる中、どのように相手を上回ることができるだろうか。

 

 サントリー、WD名古屋はともに強力なサーブを武器に持つ選手や世界トップクラスの大型選手を擁する。サーブの攻防戦、大型選手へのディフェンス対応など見どころは多い。迫力のあるプレーと、世界レベルのスキルのぶつかり合いを見逃すな。

 

【2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 V・ファイナルステージ】

特設サイト

https://www.vleague.jp/final2021

 

チケット情報はこちらから

https://vleague-ticket.jp/pc/

 

Vリーグ各SNSでもV・ファイナル情報をチェック

Twitter:twitter.com/vleague_or_jp
instagram:www.instagram.com/v.league_official/?hl=ja
YOUTUBE:www.youtube.com/channel/UC50fvwgEsELna_WzlQsy1FQ
Facebook:www.facebook.com/vleague.or.jp

 

【次ページ】ハイライト動画でV・ファイナルステージをおさらい

  • インターハイ2021

pagetopbtn