gv-logo

サントリーがシーズン2冠を達成 第70回黒鷲旗全日本男女選抜大会男子

  • V1
  • 2022.05.06

 

 第70回黒鷲旗全日本男女選抜大会の男女決勝が丸善インテックアリーナ大阪(大阪府大阪市)で5月5日(木・祝)に行われた。男子決勝ではサントリーサンバーズがジェイテクトSTINGSをストレートで下し、Vリーグ優勝に続くシーズン2冠目を手にした。また、前回大会(2019年)に続く連覇も達成した。

 

【男女グループ戦結果】

【男子決勝トーナメント表】

 

 男子決勝は、2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MENで優勝し、その強さを見せながら勝ち上がってきたサントリーサンバーズと、トーナメントで格上のウルフドッグス名古屋やパナソニックパンサーズに勝利し、勢いに乗っているジェイテクトSTINGSのカードとなった。

 

 

 第1セット、開始直後からサントリーはムセルスキーのスパイクや柳田のサービスエースなどで3連続得点を奪い、スタートダッシュに成功。その点差を守ったまま、中盤にも5連続得点をあげたサントリーがセットを先取する。

 第2セット、序盤はお互いに得点を取り合ったが、ジェイテクトは都築のスパイクやサーブで連続得点、18-14とリードする。しかし終盤、ムセルスキーが連続でスパイクを決めて追いつくと、最後はジュースの末にサントリーがセットを連取した。

 後がないジェイテクトは第3セット、このセットからコートに立った柳澤が連続でサービスエースを奪い、4-1とリード。しかし中盤にかけて点差を縮めたサントリーは、15-16とビハインドの場面から5連続得点で逆転し、勢いのままにこのセットも連取し、優勝を手にした。

 

 今大会、キャプテンを代行した柳田将洋は「ハードなスケジュールのなかで、全員が力を出し、チームの力で勝てたと思う。チーム全体で苦しい状況を乗り越えられたので、それが3-0の勝利につながった」と話した。

 

 

【男子決勝フォトギャラリーはこちら】

 

 

5月5日(木・祝)

■男子決勝結果

サントリーサンバーズ(V1・大阪) 3-0 ジェイテクトSTINGS(V1・愛知)

(25-19、26-24、25-20)

 

■個人賞

黒鷲賞  ドミトリー・ムセルスキー(サントリー)  2回目

敢闘賞  都築 仁(ジェイテクト)         初受賞

若鷲賞  該当なし

ベスト6  小野遥輝(サントリー)           初受賞

     柳田将洋(サントリー)           初受賞

     ドミトリー・ムセルスキー(サントリー)   2回目

     西田寛基(サントリー)         初受賞

     福山汰一(ジェイテクト)        初受賞

     フェリペ・フォンテレス(ジェイテクト) 2回目

ベストリベロ賞 興梠 亮(ジェイテクト)        初受賞

 

 

 

【次のページ】男子決勝フォトギャラリー

  • インターハイ2021

pagetopbtn