gv-logo

定期購読

【四国インターハイ2022】鎮西が連覇へ向けて好発進! 西原をストレートで下し、16強入り

  • 学生バレー
  • 2022.08.05

 

サーブで相手の攻撃を封じた鎮西が大会初戦を白星で飾る

 

8月5日、「令和4年度全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ2022)」男子大会2日目、決勝トーナメント2回戦、鎮西(熊本)は西原(沖縄)と対戦。前回大会優勝の鎮西が安定した試合運びを見せて西原を2-0で下し、3回戦へ駒を進めた。


【表】四国インターハイ2022「男子決勝トーナメント表」をチェック

決勝トーナメントからの出場となった鎮西は、この試合が今大会初戦。一方の西原は予選グループ戦、決勝トーナメント1回戦とすでに2試合を戦って勝ち上がってきている。対照的な両者の気になる立ち上がりは、西原が#11源河朝陽や#8金城琉斗のクイック、#4安仁屋光葉主将のスパイクなど多彩な攻撃を見せて、5-3とリード。鎮西はやや硬さが見られたが、エース#3舛本颯真のスパイクや要所でのブロックポイントなどで徐々に点差を詰めて、11-8と逆転する。

 

その後、西原は#4安仁屋、#11源河、#2浜川宇響らが決めていくのに対し、鎮西は#3舛本を中心に攻撃。両者ともに引かない攻防を見せる。

 

なんとか追い上げたい西原は、終盤、#7大城庸輔のクイック、#6古堅裕武のスパイクで連続ブレークに成功し、20-21と1点差に迫る。しかし、あと1点、2点が遠い。西原に先にミスが出てしまい、追いつくまではいかず。一方、着実に点を重ねていった鎮西は#4平川天翔のブロックが決まって、第1セットを25-21で先取した。

 

第2セットは、流れをつかんだ鎮西が終始リードする展開に。鎮西は#4平川のジャンプフローターサーブで相手のサーブレシーブを崩し、#6井坂太郎、#8玉井利来、#1平田悠真らがブロックでプレッシャーをかけてミスを誘発。そして、返ってきたボールを#3舛本が得点につなげ、14-5と差を広げる。

 

西原は#4安仁屋、#11源河の速い攻撃や#8金城のサービスエースなどで追い上げを見せるものの、鎮西の高いブロックの前にスパイクミスが出るなど、連続得点につなげられない。一方、鎮西は#3舛本に加えて#1平田や#6井坂らの活躍などもあり、着実に得点。中盤についた点差は縮まらないまま終盤へ。西原は最後まで粘りを見せるものの、鎮西が西原の攻撃をブロックで仕留めてマッチポイントを握ると、最後は西原のサーブがアウトしゲームセット。25-15で第2セットを取った鎮西がストレートで西原を下し、3回戦進出を決めた。


「四国インターハイ2022」特設ページはこちらをクリック!!

pagetopbtn