gv-logo

定期購読

古賀紗理那「空間は把握できた」、日本代表は世界選手権で3試合同時開催できる珍しい会場でプレー中

  • コラム
  • 2022.09.28

 

 

【Photo:FIVB】

 

フロアに3つのコートを作った「ヘルレドーム」

 現在開催中の「2022女子世界選手権」は、オランダとポーランドの共催で行われている。第1次ラウンドでコロンビアとチェコに勝利し、スタートダッシュを決めた日本代表がプレーしているのは、アーネム(オランダ)にある「ヘルレドーム」という開閉式ドームスタジアムである。

 

【写真】ドーム内の3コートが見渡せる写真がこちら

 

 1998年に開業した「ヘルレドーム」は、ふだんはサッカーチーム、フィテッセ・アーネムのホームスタジアムとなっている。興味深いのは、今回、このドーム内に3つのコートを作っているという点。オランダバレーボール連盟のインスタグラムには、3つのコートが見渡せる俯瞰の写真が投稿されている。

 

 選手が実力を発揮するためには、会場に慣れるのも大事なこと。しかし、この巨大な会場の場合は、奥行きがあるため選手は少々苦労するようだ。実際、日本代表の古賀紗理那キャプテンは、第1次ラウンド初戦のコロンビア戦後に「1つの会場で(同時に)3つのコートを使用して試合をしており、空間の把握については今日で感覚がつかめたと思う」とコメントしている。

 

 開幕2連勝と勢いに乗る日本代表。次戦の中国戦は、9月28日(水)の日本時間21時15分から行われる。会場にも慣れた3戦目、ぜひとも実力を遺憾なく発揮してほしい。

 

【関連記事】

女子日本代表 チェコに勝利し2連勝

 

島村春世、井上愛里沙、山田二千華のコメント動画をJVAが公開、チームは開幕2連勝!!

 

まさかの顔面直撃、イタリアのデジェンナーロが見せた珍しいミス動画に7.9万もの「いいね!」[2022女子世界選手権]

 

【次ページ】3つのコートを見渡せる俯瞰の写真

pagetopbtn