gv-logo

定期購読

古川学園単独チームの宮城県がポジションチェンジ 秘策見せ初戦快勝【いちご一会とちぎ国体(少年女子)】

  • 学生バレー
  • 2022.10.09

 

 

#1阿部明音(宮城県)【写真:月刊バレーボール】

 

第77回国民体育大会(いちご一会とちぎ国体)の少年女子2回戦が10月8日(土)に宇都宮市体育館(栃木)で行われた。古川学園高単独チームの宮城県は、シードのため今大会初戦を迎え、札幌山の手高主体の北海道に2-0で勝利。9日(日)に行われる準々決勝(対三重県)に進出した

 

【写真】タピア・アロンドラ、南舘絢華ら宮城県対北海道の試合その他のフォトギャラリー


 全国大会第2ラウンドに向け、岡崎典生監督が勝負に出た。今年の春高とインターハイでミドルブロッカーとして全国準優勝を経験した阿部明音を、9月の東北私学大会に続けてアウトサイドヒッターとして起用。中学以来の慣れないポジションにも、相手のブロックを利用したスパイクで得点を重ね、ストレート勝ちに貢献した。岡崎監督は「新しいフォーメーションで、チーム力を高める可能性を模索している大会。初戦でこの内容は最高だと思います」と目尻を下げた。

 

 壁を破るための決断だった。阿部は硬軟自在のスパイクを武器に、今年の春高でブレイク。優勝した3月の全国私立高等学校男女選手権大会(さくらバレー)では、身長196㎝の留学生タピア・アロンドラに並ぶ存在感を発揮し、頂点に導いた。だが、優勝候補として迎えたインターハイでは、タピアと阿部にマークが集中。決勝では、阿部は連続でブロックされるシーンもあり、試合後は涙を流した。岡崎監督は言う。


 「センターで勝負できるし、(阿部)明音とアロン(タピア・アロンドラ)の対角はチームにとって楽。だけど、それでは伸びしろはなくて、サイドが育たない。サウスポーの(南舘)絢華にも頑張らせて、一皮むけて春高で今年度の古川学園の完成形を見たいので」

 

 安定を捨ててでも、つかみたいものがある。3年生は入学以来4度の全国大会で、銀メダルは3度。未到の地にたどり着くには、セッター熊谷仁依奈キャプテンが軸となるコンビバレーの進化が欠かせない。指揮官は「このチームでいけるところまでいって、春高の大事な足がかりにしたい。一戦一戦成長して、頑張っていきたいと思います」と力強く締めた。

 

文・写真/田中風太

 

【関連記事】

【いちご一会とちぎ国体】 インターハイ優勝の東山高単独チーム京都府などシードが登場 大会2日目(10/8)の少年男女試合結果

 

【いちご一会とちぎ国体】男子は坂出工高が主力の香川県が大阪府を下して2回戦へ 初日(10/7)の少年男女試合結果

 

黒後愛がリリーフサーバーとして出場 地元・栃木の応援に笑顔【いちご一会とちぎ国体(成年女子)】

 

【次ページ】タピア・アロンドラ、南舘絢華ら宮城県対北海道の試合その他のフォトギャラリー

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn