gv-logo

定期購読

鎮西高単独チームの熊本県が愛知県を下し1960年以来の優勝! 決勝フォトギャラリー(写真40枚)【いちご一会とちぎ国体】

  • フォトギャラリー
  • 2022.10.11

 

 

#4舛本颯真(熊本県)【写真:月刊バレーボール】

 

 第77回国民体育大会(いちご一会とちぎ国体)、少年男子のバレーボール競技の決勝と3・4位決定戦が10月10日(月・祝)に、宇都宮市清原体育館(栃木)で行われた。決勝は鎮西高単独チームの熊本県と愛知工大名電高、大同大大同高、星城高選抜チームの愛知県が対戦し、熊本県が3-2(24-26, 25-18, 25-21, 20-25, 15-11)で勝利。1960年の熊本国体以来の優勝(当時は9人制)を飾った。決勝の模様を、フォトギャラリーでお届けする。

 

 

【写真】[とちぎ国体]バレーボール競技(少年男子)の決勝フォトギャラリーを見にいく

【表】いちご一会とちぎ国体のトーナメント表(少年男女)をチェック

 

撮影/山岡邦彦

 

【関連記事】

【いちご一会とちぎ国体】鎮西高単独の熊本県が優勝 大会最終日(10/10)の少年男女試合結果

 

【いちご一会とちぎ国体】 インターハイ優勝の東山高単独チーム京都府が準々決勝敗退 大会3日目(10/9)の少年男女試合結果

 

【いちご一会とちぎ国体】 インターハイ優勝の東山高単独チーム京都府などシードが登場 大会2日目(10/8)の少年男女試合結果

 

【次ページ】[いちご一会とちぎ国体]バレーボール競技(少年男子)の決勝フォトギャラリー(40枚)

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn