gv-logo

定期購読

【いちご一会とちぎ国体】 インターハイ優勝の東山高単独チーム京都府が準々決勝敗退 大会3日目(10/9)の少年男女試合結果

  • 学生バレー
  • 2022.10.09

 

 

愛知県【写真:月刊バレーボール】

 

 栃木県で開催されている第77回国民体育大会(いちご一会とちぎ国体)、少年男女のバレーボール競技の準々決勝、準決勝と5・7位決定戦が10月9日(日)に、宇都宮市にある宇都宮市清原体育館(少年男子)と宇都宮市体育館(少年女子)で行われた。

 

 少年男子の準々決勝ではインターハイで初優勝した東山高単独チームの京都府が3校(愛知工大名電高、大同大大同高、星城高)合同チーム愛知県に敗れた。愛知県は続く準決勝でも、インターハイ3位の松本国際高単独チームの長野県をストレートで下し、決勝進出を決めた。インターハイベスト8の駿台学園高主体の東京都は、インターハイ準優勝の東福岡高中心の福岡県を下し準決勝に進出するも、続く準決勝で鎮西高単独チームの熊本県に敗戦、決勝進出はならなかった。

 

 少年女子は第1~4シードのチームが準々決勝で、それぞれ大阪府は千葉県、宮城県は三重県、東京都は熊本県、岡山県は埼玉県に勝利し、準決勝進出を決めた。

準決勝では、単独チームの東京都(下北沢成徳高)と宮城県(古川学園高)が対戦。今夏のインターハイ準決勝と同じ組み合わせとなったこの試合は宮城県が勝利し、東京都は雪辱を果たすことができなかった。もう一つの準決勝では、インターハイベスト16の就実高単独チームの岡山県が、インターハイ優勝の金蘭会中心の大阪府に勝利し決勝進出を果たした。

 

 大会最終日の10月10日(月・祝)には、少年男女トーナメント決勝と3・4位決定戦が、それぞれ大会9日と同じ会場で行われる。なお、試合は国体チャンネル(https://japangamestv.japan-sports.or.jp/)でライブ配信予定。

 

 試合結果は下記の通り。

 

【表】いちご一会とちぎ国体のトーナメント表(少年男女)をチェック

 

大会初日10月9日(日)試合結果

【少年男子】

<会場>[宇都宮市清原体育館(栃木県宇都宮市)]E・Fコート

 

■準々決勝

【Eコート】

[第1試合] 愛知県 2-0 京都府

[第2試合] 長野県 2-0 香川県

 

【Fコート】

[第1試合] 東京都 2-0 福岡県

[第2試合] 熊本県 2-0 和歌山県

 

■5・7位決定戦

【Eコート】       

京都府 2–0 香川県

 

【Fコート】

福岡県 2–1 和歌山県

 

■準決勝

【Eコート】

愛知県 3–0 長野県

 

【Fコート】

熊本県 3–0 東京都 

 

 

岡山県【写真:月刊バレーボール】

 

【少年女子】

<会場>[宇都宮市体育館(栃木県宇都宮市)]G・Hコート

 

【Gコート】

[第1試合] 大阪府 2-0 千葉県

[第2試合] 岡山県 2-0 埼玉県

 

【Hコート】

[第1試合] 宮城県 2-0 三重県

[第2試合] 東京都 2-0 熊本県

 

■5・7位決定戦

【Gコート】

千葉県 2–1 埼玉県

 

【Hコート】

三重県 2–0 熊本県

 

 

■準決勝

【Gコート】

岡山県 3–1 大阪府 

 

【Hコート】

宮城県 3–0 東京都

 

【関連記事】

古川愛梨がアウトサイドヒッターとして全国大会デビュー 下北沢成徳単独チームの東京が快勝で準々決勝へ【いちご一会とちぎ国体(少年女子)】

 

古川学園単独チームの宮城県がポジションチェンジ 秘策見せ初戦快勝【いちご一会とちぎ国体(少年女子)】

 

5年ぶりの選抜チーム! インターハイ女王の金蘭会が大阪府代表として初戦突破【いちご一会とちぎ国体(少年女子)】

 

【次ページ】いちご一会とちぎ国体のトーナメント表(少年男女)をチェック

pagetopbtn