gv-logo

定期購読

YouTuber「ビークイック」が京都府予選で潜入撮影 3人が気になった選手は?

  • コラム
  • 2022.11.22

 

 

バレーボールYouTuberの「ビークイック/BeeQuick」のフルタツ、おだこう、けびんが11月19日(土)、島津アリーナ京都(京都)にて行われた第75回全日本高等学校選手権大会京都府予選会で潜入撮影を行った。11月11日(金)には春の高校バレーの予選、本戦を配信する「バーチャル春高バレー」とのコラボが発表され、ここまで福岡県、東京都予選でも撮影。この日は高校生で唯一の日本代表に選ばれた麻野堅斗(東山高[京都]3年)ら各校の注目選手たちにインタビューした。3人が語る春高バレーへの思いとは

 

 

おなじみのポーズを決める(左から)フルタツ、けびん、おだこう

 

 

——会場では多くの方々に声をかけられていましたね

おだこう うれしいですね。ふだんは(視聴者と)実際に会うことはあまりないので。京都は有観客開催で、すごく声をかけてもらえてありがたいです。

 

フルタツ こういう現場に来ると、より実感しますね。

 

 

——「バーチャル春高バレー」とのコラボが決まったお気持ちを教えてください

フルタツ 率直にうれしいです。僕も春高に出たことがあり、高校生のために盛り上げたいという気持ちで受けました。

 

おだこう 「マジか」というのが率直な感想です。今まで地道にやってきたことが少しずついい方向にいって、オファーをいただけたのかなと思うので、すごくうれしかったです。

 

 

——けびんさん、おかえりなさい!(※けびんは10月17日の動画で休養を発表。11月15日の動画で復帰した)

けびん ありがとうございます! ただいまです、ほんとうに。

 自分はこの話を聞いたときは休業中だったのですが、「ビークイックがこんな仕事を受けるようになったのはほんとうにすごい!」と思いました。おだこうが言ったことと似ていますが、積み重ねてきたものが信頼や信用に変わって、かたちになってきているんだなと思ったので、こういった仕事をどんどん増やしていきたいです。

 

 

——福岡県、東京都、京都府予選と間近でプレーを見られて、感じたことはありますか?

おだこう 見たところがとてもレベルが高くて。やっぱり強い、勝っているチームほどスパイクといった目立つ部分だけではなく、見えない細かいプレーがすごくうまいと感じました。

 

けびん 自分は今日初めて都道府県予選に来ましたが、負ければ最後の試合なので、大谷高校さん、東山高校さんから全力を出そうという気持ちが伝わってきて感動しました。

 

フルタツ 勝ち負けはもちろん大事ですが、3年生の最後の大会ということで、一生懸命さというか、その熱意を見て感動させてもらいました。あとは、昔と比べてとてもレベルが上がったなと感じました。

 

 

——皆さんが高校生としてプレーしていたおよそ10年前と比べて、どこが違いますか?

おだこう 僕らのときは石川祐希選手(ミラノ[イタリア]/星城高[愛知]出身)にしてもバックアタックはそんなに打っていなかったですが、今は攻撃が変わっています。トップ選手じゃなくても、どこのチームもエースの選手がふつうにバックアタックを打ったり、攻撃のプレーの幅がすごく広がっていると思います。

 

フルタツ あとは全体的に見て、最高到達点の平均値もおそらく高くなっていると思います。

 

けびん 確かに!

 

フルタツ 昔はすごいエースで3m30㎝ぐらいでしたが、今は超高校級の選手が3m40㎝や50㎝くらい跳ぶので。3m30㎝が当たり前のレベルになってきていてびっくりしています。

 

 

——生で見て、驚いた高校生はいましたか?

おだこう 僕は麻野くんですね。ちょっと規格外だなと思いました(笑) 高さもそうですし、高いのにうまくて、「高校生でこのレベルか」と感じました。

 

フルタツ チームとしては3位でしたが、早稲田実高(東京)の新井(琉之介/3年)くんがすごかったですね。何でもできるタイプで、将来有望だなと思いました。身長は192㎝で、今後が楽しみです。

 

けびん 今日来てみて、将来も注目したいなと思ったのは尾藤(大輝/東山高[京都]2年)くん。まだ2年生ですが、東山という伝統校のエースとして、すごい気持ちで戦っていたと思うので、これからも成長を見ていきたいです。

 

 

——本戦に向けて、これからどう盛り上げていきたいですか?

おだこう この企画(都道府県予選の潜入取材)以外に優勝候補や注目選手といった春高の企画をすると思いますが、生でプレーを見ている分、そこでより詳しく選手について話せるので、皆さんにより楽しんでもらえると思います。

 

フルタツ 春高にちなんだいろんな企画をして、さらに地方大会から選手をピックアップしていって、皆さんが気になるような動画づくりをできればと思います。

 

けびん ちょっと二人に似ていますが、春高バレーって、試合だけじゃなくて選手の一面も皆さんに見てほしいので。できるだけいろんな人に「こんな選手がいるんだよ」と伝えていけるような動画をつくっていけたらと思います。

 

 

 3人は23日(水・祝)の愛知県予選でも撮影予定。高校バレーからステップアップした3人が、動画で夢舞台を盛り上げる。

 

 

選手たちから声をかけられる3人

 

文・写真/田中風太

 

ビークイック/BeeQuick

1995年福岡県生まれのフルタツ、おだこう、けびんの3人で活動するバレーボールユーチューバー。2019年4月にフルタツとおだこうの2人で始動し、21年8月にけびんが加入。2022年11月末時点のYouTubeチャンネル登録者数は12.4万人を数える。強豪校の練習に潜入する動画が特に人気で、高校では東山高(京都)、鎮西高(熊本)、東福岡高(福岡)、清風高(大阪)、駿台学園高(東京)、星城高(愛知)、松本国際高(長野)、福岡大附大濠高(福岡)、崇徳高(広島)で撮影。ユニット名の由来は「濁音と伸ばす音があると格好いい。バレーボールにも関係のあるキャッチーな名前を考えた」(おだこう)。そこまで深い意味はないという。

 

■フルタツ

身長175㎝/右利き/遠賀中→鎮西高→九州産大卒/学生時代はセッターとして活躍

■おだこう

身長175㎝/左利き/遠賀中→福岡大附大濠高→日本大卒/ミドルブロッカー以外を幅広く経験

■けびん

身長184㎝/右利き/遠賀中→福岡大附大濠高→福岡卒→VC長野/大学まではスパイカー、Vリーグではリベロとしてプレー

 

「ビークイック/BeeQuick」月バレ初登場時の記事はこちら

 

【関連記事】

「絶対に逃げたらあかん!」ケガ人続出の京都橘がフルセットを制し2年連続の本戦へ 【春高京都府予選(女子)】

 

全国二冠へ 東山が14本のブロックを決めて完勝【春高京都府予選(男子)】

 

男子は都城工、女子は宮崎日大高が優勝【春高2023宮崎県予選】

 

【春の高校バレー2023特設サイトに行く】

 

【次ページ】ビークイック/BeeQuickのSNS投稿画像

pagetopbtn