gv-logo

定期購読

石川祐希先輩に続け 中央大の4選手がイタリア・セリエAへ挑戦

  • 大学生
  • 2022.12.21

 

 

 関東男子1部の中央大から4選手がイタリア・セリエAの各チームに練習生として派遣されることが発表され、12月21日(水)に中央大の多摩キャンパス(東京都八王子市)で会見を行った。

 

 今回、イタリアに派遣されるのは3年生の藤原直也(アウトサイドヒッター/191cm)、2年生の澤田晶(ミドルブロッカー/198cm)、山﨑真裕(ミドルブロッカー/195cm)、柿崎晃(アウトサイドヒッター/186.7cm)の4選手。これは中央大バレーボール部後援会の海外留学支援プロジェクト“THE FUTURES”の支援により、2017年から実施されている取り組みの一環で、これまで石川祐希(ミラノ[イタリア])ら5人を海外に派遣した実績がある。コロナ禍により2年間は中断していたが、このたび一挙4人の派遣が決まった。

 

「シニア代表が世界に挑むだけではなく、勝負して勝つ、というところまでがターゲットになる。学生時代に一つでも多く世界を知り、世界標準に合わせて、世界を肌で感じる経験ができれば」と豊田昇平監督。選手たちは「この機会に感謝して成長し、戻ってきたときはチームに還元して勝負できるように」(藤原)、「バレーボール人生において大きな成長につながる。価値観も変わる体験になると思う」(澤田)、「感謝の気持ちを忘れず取り組んで、技術の向上とともに、人としても成長したい」(山﨑)、「今できることを100%発揮できるように。行って終わりではなく、経験をチームに伝えられるよう頑張りたい」(柿崎)とそれぞれ意気込みを述べ、まだ見ぬ舞台に胸を高鳴らせていた。

 

 なお派遣期間は全員、2023年1月26日から3月15日までの予定。4選手の出身校および派遣先は以下の通り。

 

■各選手の出身校と派遣先(写真左より)

藤原直也(北嵯峨高出身):ヴェローナ

澤田 晶(愛知工大名電高出身):チステルナ

山﨑真裕(星城高出身):シエナ

柿崎 晃(北海道科学大高出身) :モデナ

 

石川祐希のミラノ バースデー勝利でコッパ・イタリア出場を決める

 

中央大/柳田貴洋、都築仁、鍬田憲伸をイタリアへ派遣

 

「決めようと思っていました」石川祐希が明かす、フランス撃破まで残り1点で回ってきたサーブの胸の内

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn