gv-logo

定期購読

今年最後のお楽しみ V1男子オールスターゲームは25日に開催

  • V1
  • 2022.12.22

Vコラボ

 

 2022-23V.LEAGUE DIVISION1 MEN(V1男子)は、12月4日(日)に年内の試合が終了し、12月18日(日)には天皇杯も閉幕。2022年の公式戦は終了したが、クリスマスには、バレーボールファンにとって最後のお楽しみ「ALL STAR GAMES」が待っている。男子は12月25日(日)にエントリオ(豊田合成記念体育館/愛知県稲沢市)で開催される。

 

【オールスター】男子出場選手一覧

 

 11月8日(火)から12月4日まで行われたファン投票の男子の総投票回数は64,077回に及んだ。今回のオールスターゲームには、ファン投票による14名およびVリーグ機構の推薦による14名の計28名が参加する。

 

 

 ファン投票で男女を通じて最も多くの票を集めたのは、今季サントリーサンバーズからジェイテクトSTINGSに移籍したアウトサイドヒッターの柳田将洋。アウトサイド部門2位に1万票以上の差をつけた18,895票を獲得し選出された。今季のリーグでは、以前より守備的な役割も多く担いながら、勝負所でのサーブ力、攻撃力の高さは相変わらず。天皇杯でも劣勢の場面でチームに流れを引き寄せる活躍を重ね、ジェイテクトの優勝に貢献し、MVPに輝いた。

 

 柳田のほかにも、ジェイテクトからは関田誠大がセッター部門、西田有志がオポジット部門で1位を獲得している。西田はリーグの序盤戦、体調不良のため欠場が続き心配されたが、11月末から試合に復帰。天皇杯では本来のスピードと爆発力のあるプレーを披露し、力強く復活宣言。オールスターゲームでもファンを魅了するパフォーマンスを見せてくれそうだ。

 

 ミドルブロッカー部門では、パナソニックパンサーズの主将・山内晶大が、サントリーの小野遥輝とのデッドヒートの末、わずか60票の僅差で1位選出された。高さ、スピード、パワーなど、それぞれに持ち味の違うミドルブロッカー陣が、ふだんとは違うセッターとどんなコンビネーションを見せるのか注目だ。

 

 

 リベロ部門では、日本代表でもある実力者2人、ウルフドッグス名古屋の小川智大(1位)と堺ブレイザーズの山本智大(2位)が1、2位を分け合った。

 

 この他、ポーランド代表のバルトシュ・クレク(WD名古屋)、中国代表の江川(JTサンダーズ広島)といった海外勢も参戦。V1男子10チームから集結したスターたちが、ハイレベルかつ魅せるプレーで、楽しませてくれるに違いない。

 

Vリーグオールスター出場選手発表 最多得票はジェイテクト柳田

 

女子はNEC、男子はジェイテクトが優勝 天皇杯・皇后杯全日本選手権大会

 

石川祐希先輩に続け 中央大の4選手がイタリア・セリエAへ挑戦

 

【次ページ】男子出場選手一覧

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn