gv-logo

定期購読

春高直前 前嶋悠仁の春高を振り返る【月バレ2022年2月号・プレーバック】

  • 学生バレー
  • 2022.12.28

 

 

 

 第75回全日本高等学校選手権大会(春高)が、2023年1月4日(水)から東京体育館(東京都渋谷区)で開催される。

 

 男子の日本航空(山梨)が大会連覇に挑む。前回大会はエース前嶋悠仁を擁して鎮西高(熊本)相手に2セットダウンから逆転優勝を果たした。月刊バレーボール2022年2月号の春高報道号でその時の記事を振り返ってみよう。(月刊バレーボール2022年2月号掲載記事を再編集したもの。本部は当時の内容のまま)

 

------以下、月刊バレーボール2022年2月号より------

 

 

勝利に導く得点も、優勝も、コート上でのパフォーマンスも

思い描いた姿をすべて実現した

 

文/坂口功将(編集部)

 

 前嶋悠仁は自身3度目の春高で、これまで体験したことがない感覚を抱いていた。

 「変な気持ちなんです。ワクワクしているし、でも、冷静でいられる自分がいます」

 

 大会序盤は自身のプレーもいま一つだったが不安はなく、準々決勝でついに大爆発。試合後には「絶好調でした」と白い歯をのぞかせた。突然の好転に本人は不思議がったが、この舞台を楽しんでいたことは確かだ。自身初となる春高のセンターコートに立った準決勝では、先発メンバーの入場時にカメラに向かってピースサイン。それは、応援してくれる友人たちからの要望に応えたもので、勝利したあとには“指ハート”のポーズを繰り出し、反響を誘った。

 

 熱さと冷静さ、そして、楽しむ心はプレー面でも追い風になった。決勝では「エースどうしの打ち合いになれば、絶対に打ち負けない」と闘志全開。2セットダウンの窮地に立たされると、「体が動かなくなってもいいから思い切りやろう」と奮い立つ一方、相手ブロックを見極めて得点を重ねた。その姿にセッターの樋口響は、「ほんとうに冷静でした。いつもは硬くなってブロックされることも多かったけれど、ボールを打ち切って、決まればニコニコして、頼りになりました」と語った。

 

 振り返ればいつも、自分の思いをプレーに結び付けてきた。小学生時代は下級生の多いチームで攻守の軸を担い、「自分が1本目を弾いてしまっては試合にならない」と、サーブレシーブやディグを“よりていねいに”返すことを磨いた。それは今のプレースタイルにつながっている。

 

 そして今大会の直前、構内の神社で必勝祈願を行った際には理事長から「心の中で『優勝しました。ありがとうございます』と思いなさい」という言葉を授かった。その真意を、今はこのように捉えている。

 

 「目標に対して、それを達成した先を思い描くことで、ほんとうに実現するのだと。なので、優勝した姿を想像していました」

 チャンピオンシップポイントを決めた直後、前嶋はほおに両手を当てハートをつくった。それもまた、決勝前に友人から「最後は何をするの?」とはやし立てられ、考えていたポーズ。

 

 自分がやろうとしたことをすべて実現できた、高校生活最後の大会だった。

 

 

歓喜の瞬間、①前嶋は笑顔で「顔ハート」

 

前嶋悠仁(日本航空)

まえしま・ゆうと/3年/アウトサイドヒッター/身長180cm/最高到達点330cm/袋井中(静岡)

 

------

 以上、月刊バレーボール2022年2月号を振り返った。今大会、日本航空はどんな戦いを繰り広げるのだろうか。

 

春の高校バレー 第75回全日本高等学校選手権大会

出場選手名鑑(オールカラー)が付録の

「月刊バレーボール」2023年1月号は好評発売中

お求めは【NBPオンラインショップ】

https://shop.nbp.ne.jp/shopdetail/000000002178/)へ

 

【関連記事】

春の高校バレー本戦の組み合わせが決定【春高抽選会】

 

男女ともに日本航空が優勝【春高2023山梨県予選】

 

【春の高校バレー2023特設サイトに行く】

 

【次ページ】日本航空(山梨)フォトギャラリー(春高2022)

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn