gv-logo

春高2024

神代中男子が東京都王者に挑んだ夏 横山奏太キャプテンは「大きな経験になった」とすがすがしく

  • 編集部取材
  • 2023.07.19

 

 バレーボールの第77回東京都中学校選手権大会(以下、都大会)が716日に開幕し、17日を終えて男女ともにベスト8が決まった。勝てば全国大会に一歩近づき、負ければ中学バレーは引退となるのがこの舞台。その中で、男子の神代中はベスト8進出を懸けて、前年度東京都王者と戦った。

 

調布市立神代中学校男子バレーボール部

 

【ギャラリー】王者に挑んだ夏! 神代中男子バレーボール部〔15点〕

 

ぎりぎりで都大会出場を果たした神代中

 

 716日、都大会初日を終えて、神代中男子バレーボール部の面々の表情は晴れやかだった。この日の会場はいつも過ごしている学校の体育館。一回戦は都大会初参加となるクラブチームのDropJYVCを下すと、二回戦では小山中とのフルセットを制した。神代中のキャプテン、横山奏太は振り返る。

「自分たちのコートでやるので、サーブも有利だとは踏んでいました。相手のサーブレシーブを崩せたり、とやりやすかったです。

 2試合目はフルセットで少し不安もよぎったのですが、とにかく11点取るしかないと思ってプレーしていました」

 横山キャプテン自身、エースを務め、チームに得点を呼び込む。「身長はあまりないけれど、周りに比べると脚力はある」という言葉どおり、しっかりとジャンプし、狙いすましたコース打ちを得意とする。都大会初日をクリアし、この時点でチームを都ベスト16に導いてみせた。

 

 

都大会初日をホームで戦った(コート奥)

 

 そうして翌日の相手はサレジオ中に決まった。全国制覇の実績を持ち、都大会は昨年を含み5度制している。一方の神代中は、都大会出場権をかけた東京都第9ブロック夏季選手権大会を第5位で通過しており、力の差は歴然。もちろん勝負事である以上は“やってみなければわからない”ものの、中学バレー引退が現実味を帯びる。それでも横山キャプテンは自然体のままだった。

「これが最後の大会なんだという実感は、今日(大会初日)も少しありました。ですが自分的にはかなりやってきた、ここまでやりきれているな、って。

 自分は高校でもバレーボールをやろうと考えているのですが、そこにどれだけつなげられるか。それに、このチームでどこまで戦って、どこまで楽しめるかを考えてやっているんです」

 

 

初日をクリアし、安堵と喜びの表情を浮かべる神代中の部員たち

 

 

【次ページ】この先につながる経験を、最後の試合で手にした横山キャプテン

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn